マッチングアプリで女性からデートに誘うと男はどう思うか解説してみる

婚活パーティーにしてもマッチングアプリにしても、普通の出会いにしても、デートに誘うのは男からが基本で、女性から積極的にデートに誘うことって日常的には少ないと思います。

ただ、魅力的な男性が現れたり、やり取りしているのに全然誘ってくる気配すらないと、いっそのこと自分から誘ってしまおうかと思う人もいるでしょう。

女性からデートに誘うことについて男性はどう思うのかという心理を解説して、具体的な誘い方や男が嬉しい誘い方について男視点で紹介していきます!

マッチングアプリの実態!女性から誘うことはかなり少ない

学校や職場の異性とか、友達関係なら女性から誘うという状況も珍しくはないですが、マッチングアプリだと基本的には男性からご飯に誘うことがほとんどで、女性から誘うことってかなり少ないと思います。

少なくとも僕がマッチングアプリを利用しているなかで女性から誘われたことは今まで一度もありません。マッチングした数は200人以上だし、やり取りした人数も結構多いんですけど、1ヶ月やり取りしていた女性も結局僕から誘いました。

マッチングアプリの傾向というか特徴的には仕方ない部分だと思います。

もちろんゼロではないようです。

アプリはかなり女性優位に作られています。女性は無料で利用できますが男は月額料金が発生しています。

つまり、期限に限りがあるのでいつまでもだらだらとやり取りを続けるわけにもいかず、どこかのタイミングで誘わないとご飯に行けずに終わってしまうということ。

さらに、女性は毎日何人もの男からイイねが貰えますが、男の場合は女性からイイねがくることなんて少ない。僕は20代後半ですが、イイねが来るのは30代や40代の後半がほとんどです。

女性はイイねを貰った色んな男性の中から選ぶのに対して、男は最初に”自分が良いと思った相手のみにイイねを送る”ので、やり取りしている段階で興味がある可能性が高いため、自然と男性からご飯に誘うことになります。

女性からご飯に誘うって、よっぽどやり取りで好意を抱いたりしないとない。

もちろん女性からご飯に誘っちゃいけないルールなんてないですし、男の多くは「いつ誘えばフェードアウトさせずにうまくデートにこぎつけられるか」を考えているので、好意的に受け止められることが多い。

女性からデートに誘われると男性はどう思う?

積極的な行動に嬉しく思う

おそらく大半の男性は、女性からご飯に誘ってくれたことに対して驚き、嬉しく思うはずです。

実際、もし僕がやり取りしている女性から「ご飯行きませんか?」と誘われたらたぶん速攻で「ぜひ行きましょう!」と返信してしまうと思います。

普段のマッチングアプリの流れだと絶対に男性から誘わないといけない感があるので、そこで突然女性に誘われると予想外の行動のため、テンションがあがります。


誘われて嬉しくない男性なんていませんからね。マッチングしている時点で自分で選んだ相手なわけですし。

マッチングアプリをある程度やっていると、いつの間にかフェードアウトされることはもちろん、ご飯を誘うタイミングに失敗しただけでフェードアウトされます。実際僕もこれは何度も経験しています。

つまり、男はご飯に誘うタイミングを慎重に推し量っているような状態です。「いつ誘えばいいかな。もうちょっとやり取りしたほうがいいだろうなー」みたいな感じ。

そんな時に女性から誘われたらやっぱり素直に嬉しい。

予定が詰まっているから申し訳ない気持ちになる

これもマッチングアプリならではの特性上、そうなることもあります。男性からご飯になかなか誘えない理由の1つに「仕事が忙しくて誘っても都合をつけられない」というものがあります。

ご飯に行きたい気持ちはあるけど、予定が詰まっていると時間が取れないので、結構先になってしまうため取りあえずやり取りしているという人も少なくないはず。


それと同時進行していると休日の予定が埋まってしまうので「この人とは夜ごはん一緒にいきたいな」と思っていても夜埋まってしまっていると、なかなか都合がつけられません。

ちょっとやる気をなくす

自分から誘おうとしている人にありがちなのがこれです。プライドが高く、女性を引っ張っていきたいという気持ちが強いと女性から誘われると一気にやる気をなくしてしまう男性も一定数います。

恋愛でありがちな「ぐいぐい来られると引いてしまう」というやるがまさにこれ。

まぁご飯に誘う程度ならそこまで引く人はいないでしょうけど「いつにします?何時にします?どこ行きます?」みたいな感じでぐいぐい来られたら確かに「え、ちょっと待って」って引くかも。

もちろんある程度やり取りしていて普通に誘う分には問題ありません。極端に積極的すぎるのがダメなだけ。

サクラや業者を疑う

ずっとやり取りしている人ならまだしも、例えばマッチングして割と早い段階で女性からご飯に誘われたらたぶん僕ならサクラとか業者を疑います。


それは普段女性からご飯に誘われるという経験がないためです。しかも業者なんかだと1通目とかで「LINE交換しませんか?」とか言ってくるので、こういう経験のある男性にとっては「怖い」と感じてしまうんですよね。

何か裏があるんじゃないかと疑ってしまって、好意どころか嫌悪感を抱いてしまう可能性はあるでしょう。

ちなみに実際僕もOmiaiというマッチングアプリをやっていたら業者とマッチングしてしまったことがあり、アプリに対して少し慎重になりました。

業者やサクラだと思われないためにはある程度ちゃんとやり取りしておく必要はありません。2通~3通やり取りして誘ったら怪しさがありますが、5通以上やり取りしているなら「取りあえず会ってみたいタイプなのか」と思います。

男も本音はだらだらやり取りしているよりも手っ取り早く会って性格とか価値観の相性を確かめたいので。

やり取りしてるのに男性からご飯に誘わない理由とは?

男が誘わない理由
  • 断られ過ぎて慎重になっている
  • 正直タイプじゃなくてキープしているだけ
  • 予定が詰まっていてデートに誘えない
  • 他に気になる人がいて後回しになっている
  • 金欠状態になっている

いつまで経ってもご飯に誘ってくれない人に対して嫌気がさして「もう自分から誘おうかな」となっている段階の人も多いと思います。

基本的に誘うのに時間がかかる場合、慎重になっているだけの可能性が最も高いです。

確かに世間的にはマッチングして2週間までにデートに誘ったほうがいいって話は耳にしますけど、あくまで平均なだけですし、誘ってそのままスルーされたら2度と連絡が取れないって考えると誘うのもそりゃ慎重になります。

慎重になっている男性に対してはやっぱり女性から何かしらのサインをするか、いっそのことご飯に誘ってしまったほうがいい。

ちなみに僕もやり取りしている女性をいつ誘えばいいのかわからず1ヶ月ぐらいやり取りしていたことがあります。

その女性はかなりの慎重派で会った時に「1ヶ月ぐらいやり取りしてなかったら会わなかった」と言っていたので結果的には良かったですが、いつ誘っていいのか悩む男は多い。

結局やり取りしてるのってまずはご飯にために仲良くなるのが目的ですから、女性が警戒しないならすぐにでも誘いたいと思うのが男性の心理です。

【男が解説】マッチングアプリでご飯に誘ってこない男の7つの心理

詳しく解説したので参考にしてみてください。

男側に誘わせるための具体的方法

男から誘ってもらうためには”誘ってもフェードアウトされない”という自信を持たせてあげる必要があります。

タイプの女性であればあるほど誘うタイミングには慎重になります。ミスれば返信がこなくなる経験を男はしているのでそれは当然。

つまり「○○君とご飯に行きたいですー!会ってみたいです!」的な雰囲気を出すことさえできればたいていの男は誘ってくるというわけ。

それで誘ってこない男は仕事が忙しすぎたり、すでに彼女がいたりして暇つぶしでやり取りしている可能性が高い。

男から誘わせる方法
  • 好きな食べ物や今食べたいものの話をする
  • 「○○君と一緒なら楽しそう」とデートに前向きな発言をする
  • 休日は暇なことや仕事が忙しくないことを伝える
  • LINE交換をこちらから打診してみる

食べ物の話をするのは「じゃあ一緒に○○食べに行きませんか?」と誘わせるための口実を作るためです。

また、仕事が忙しいとか時間が取れない人だと思われると相手は誘わなくなってしまうので「デートの予定空けられます」というアピールをしておくことで自然と誘いやすくすることができます。

誘うタイミングについて悩んでいる男は自分が今相手とどの程度仲良くなっているのかわかっていないのでLINE交換をしておくことでLINE交換できてしまえるぐらいの仲ということを知らせることができるので、同様に誘われやすくなります。

「LINE交換もできたし、あとは誘うだけだな」と思うので。すでにLINE交換しているのに誘ってこないのはよっぽど慎重か忙しいだけなのでさらにアピールして様子見する必要があります。

嫌な気持ちにさせない女性からの誘い方解説

誘うまでのやり取り期間は短くても問題なし

極端に「マッチングして1通目でご飯に誘う」とか「当日中に誘う」みたいなことじゃなければ、そこまでやり取りをしていなくても誘ってOKです。

男性のほとんどはやり取りすることに対して面倒臭さを感じています。でも、やり取りしないと女性をご飯に誘うことができないので”仕方なく”やり取りしてる。男は女性よりも警戒心薄めですからね。

警戒することと言ったら業者とか美人局的なものになるので、それさえ感じさせなければ早い段階で誘ってしまったほうがいい。

MEMO
平均ではマッチングして2週間でご飯に行っている人が多いですが、それよりも短くて良いと思います。2日~3日で約束を取り付けてしまってもあり。

誘い方はストレートで良い

女性は口実を作って誘ったほうがデートに来てくれやすいんですけど、男の場合はそんな回りくどいやり方はあんまり必要ないです。

女性と男性では脳の構造が違うので、下手に回りくどいことをせずにストレートに誘ってしまったほうが好印象。

【ストレートに誘う】

◇例「あの、よかったら今度ご飯行きませんか?会ってお話してみたいなーって思ったので!」

さすがにそんなストレートに誘うのが苦手って人は、口実作りをしてもいいです。恋愛経験がある程度ある男性なら「可愛いなー」って思うので。

【口実作りの誘い方】

◇例「そういえば新宿に美味しいパンケーキ屋さんがあるみたいなんですけど行ったことなくて・・・よかったら一緒に行ってくれませんか?」

出来れば男性が好みの食べ物とかにしてあげたほうがテンションあがってくれるのでおすすめです。甘い物好きじゃないのにパンケーキ誘われたら「そんな興味ないなぁ」って思われるので。

あと、お店に関して言うと高そうなところはNG。男はやっぱり会計のことを考えてしまって「そんな高い店奢らなきゃいけないのかー。ちょっと億劫だな」って思ってしまう可能性も。

「高級フレンチ」とか「高級イタリアン」とか絶対にやめて。

【趣味を口実にする誘い方】

◇例「最近全然歌えてないんですよー(´;ω;`)ウゥゥよかったら今度カラオケ行きましょうよ!!」

共通の趣味があると誘い口実としてはかなりでかい。好みの女性なら自分の趣味も楽しめるし、相手に会えるしで一石二鳥なので断られることは滅多にありません。

誘った後は自分で決め過ぎない&任せ過ぎない

意外と大事なのはこれ。誘うまではいいとして、誘ったから自分が主体になって日時、お店とかまで決めようとする必要はありませんが、逆に誘うだけ誘っておいて全部人任せもNG。

男性にもやっぱりプライドがあるので、全部女性任せは嫌って思いますし、逆に誘われた立場なのに「あとはよろしく」的な態度を取られたら面倒臭く感じてしまいます。

もちろん相手の性格に合わせてあげたほうがいいですが、基本的には一緒に決めていくという感覚を持った方がいいです。

日時はともかく特にお店選びとかね。自分が食べたいものをいいつつ、相手にも「○○くんは食べたいものある?」とちゃんと聞いておきましょう。

相手が困っていそうだったら「ちょっと気になってるお店あるんだよね!」と提案してもいいし、逆に相手のいきたいお店があるなら合わせてあげましょう。

個人的に一番嫌なのは「なんでもいい女」です。

◇例「ゆみさん何か食べたいものある?」

→「とくにはないかなー。なんでもいいよ!」

なんでもいいって言われると方向性すら決められないので困る。和食がいいのか洋食がいいのか、ほんとうに何でもいいのかわからなくなります。

逆に「なんでもいいよー!私はすき屋でも大丈夫(笑)」とか言ってくれると、気を遣わずにお店選びができるので助かります。

お店選びって結構労力使うのでせめて方向性だけでも教えてくれると男としてはありがたい。

マッチングアプリで好きな食べ物を聞かれたらなんと答えるべき?

まとめ:基本的に女性からの誘いはありがたい

女性から誘われることが少ない男性にとって基本的に誘ってくれるのは普通に嬉しいと感じる人が大半なので、誘おうか悩んでいる場合は積極的に誘ってみるようにしてください。

相手も「いつ誘うか」慎重になっていて、お互いがお互い模索しあって結局フェードアウトしてしまったら意味ないですからね。

最近は草食系の男も多いので、その点を踏まえてアプリを活用しましょう。

誘われない=ダメってわけじゃないので、やり取りしている時点でお互い仲良くなったらご飯に行く意思はあるという前提で考えたほうがいい。

もし誘ってダメならダメで落ち込むよりも行動した自分を褒めるべきです。

参考までに。

マッチングアプリで男性の本気度を見極める方法!誠実な人の見つけ方

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です