女性必見!マッチングアプリはあえてブスの写真にしたほうが良い?

マッチングアプリはいかに写真を盛って、異性の興味を引くかが大事みたいな風潮があり、実際会ってみたら全然写真と違う人もいます。

アプリだとまずはメッセージのやり取りから始めるので確かに盛った写真のほうが興味を持ってもらえるのは事実ですが、実はこのやり方って長期的に考えるとデメリットのほうが多い。

そこで今回はあえて実際よりもブスの写真を設定していると男はどう思うか、またメリットについても男の僕が解説していきます!

あえてブスの写真を設定したほうが良い理由

盛った写真を設定することによってマッチングしやすかったり、イイねがめちゃくちゃもらえたりメリットも確かにありますが、ぶっちゃけ男の僕から見るとブスの写真のほうが長期的に見てメリットが大きいと思います。

その理由について4つほどまずは解説していきます。

顔重視じゃなく性格重視で選んでもらいやすい

顔が可愛くないって女性だと割と致命的なんですけど、マッチングアプリってそもそも利用者が多い割に男の場合は普通の顔レベルでも全然マッチングできないなんてことがザラにあります。

使っていて思いましたが、可愛い子とはまじでマッチングできません。

たいていアプリは男からイイねすることがほとんどで、女性はイイねされた人を仕分ける作業をするような受け身の使い方になります。

で、男のイイね基準というのはぶっちゃけ顔の可愛さが第1位。なんなら顔が可愛いから即イイねする人のほうが多いんじゃないかな。

顔が可愛くないとなるとスルーされる確率はもちろん高くなりますが、例えば趣味が一緒とか共通点が多くて、好みじゃないけどなしではないってレベルだったら興味本位でイイねすることもあります。

特に可愛い女性はイイねを返してくれないので、それに気づいた男はちょっとブサイク(可愛くはない)ぐらいの女性に対してもイイねを送るようになるので盛っていない写真でもイイねがくるというわけです。

可愛くないと中身もちゃんと見てもらいやすいので、見た目で選ぶ人が必然的に少なくなるのはある意味メリット。

趣味が同じとか優しそうとか別の部分で見てもらいやすくなります。

ヤリモクに遭遇しにくくなる

マッチングアプリってやっぱりヤリモクは多いみたいです。会った女性に話を聞くとやっぱりホテルに誘われたことがあるって言っていますし、ちゃんとした大手のアプリでも遊び目的で使っている男は多い。

ヤリモクの人達は正直中身なんて一切気にしていません。重要なのは簡単に出会えそうな警戒心の薄い子、そして顔が可愛い子のみ。

付き合うことを一切考えていないので性格なんて関係ないですし、どうせなら顔が可愛いほうがいいって思うのは当たり前の話。

つまり、あえてブスな写真を設定しておくことでヤリモクと遭遇しにくくなるというわけです。真剣な交際を目的としているならやる価値は高い。

実際に会ったらほぼ確実に「思ったよりも可愛い」と思ってもらえる

これが一番のメリット。写真を盛っていていざ会ってみたら「全然写真と違うやんけ!詐欺やー」って思われて2回目のデートに誘われずにフェードアウトされるってパターンは結構あります。

僕もタップル誕生で出会った女性がまさにこれで、写真は正直ドストライクで会うまでうきうきだったんですけど、いざ会ってみたら想像の2倍ぐらい太っている人が来てしまって思わず帰ろうかと思ってしまったぐらいです。

その女性とはランチに行って、即解散してそこから申し訳ないですが連絡を取っていません。

タップル誕生で実際に会ってみたら写真と別人がきてしまった話

逆にブサイクな写真に設定しておくと確かに普通よりも会いにくくはなりますが、会った時に確実に好印象を与えることができます。

「そんな期待してなかったけど可愛いじゃん」と思ってもらえます。相手が期待していないだけに普通レベルの顔でもよく見えてしまうのがこのブス写真設定の良いところです。

よっぽどミスらない限り2回目のデートにも誘われます。

非公開: マッチングアプリで2回目のデートに繋がらない理由を考えてみた

やり取りすべき相手を選別することができる

盛っている写真の場合は交際希望の人や遊び人、ヤリモク、既婚者などなど色んな人からイイねが届いてしまいます。これを自分で選別しようと思ったらかなり大変で、いい男だと思って会ってみたらヤリモクだったみたいなケースも増えてしまいます。

一方、あえてブスの写真を載せておくとイイね数は減りますがその代わりヤリモクや遊び人は極端に少なくなります。

もちろんゼロってことはないですが、最初にも言ったようにヤリモクは基本的に顔で相手を選んでいるのでブスは対象外となるわけです。

同じ趣味だからイイねをくれたり、共通点が多くてイイねをくれたりする人が増えるので付き合った後も別れにくい相手と知り合いやすくなります。

女性はもともとイイねが色んな人から来て誰とやり取りするか迷うので本当に良い相手を選びたいならおすすめの方法です。

2回目以降のデートに繋がりやすくなる

よく「マッチングアプリ疲れた」とか「やめたい」と嘆いている人がいますが、こういう女性はたいていマッチングしてもヤリモクと当たってしまったり、会った後で連絡が途絶えてしまうというよくあるパターンを繰り返しているから。

会うまで連絡取り合っていたのに会った後で連絡が取れなくなるのは会った時に「想像と違う」と思われるのが原因ですからね。

最初からブスな写真を設定しておけばそんなことにはなりませんし、フェードアウトもされにくいので結果的に付き合いやすくなるというわけです。

男側はあまり期待していない状態で会いに行っているので、ギャップだけで好印象を貰うことができます。

盛った写真を設定することによるデメリット

マッチングアプリでは男も女も自分の中で一番写りが良い写真を使いますが、これにはデメリットも多いです。

イイねが多くてさばけなくなる

イイねが多いことは確かにいいことなんですけど、1日何十、何百と来ている人にとってはそれをいちいち「ありかなしか」で仕分けするのが一苦労です。

本当に相性の良い相手とかタイプの人からイイねを貰っていてもそれに気づかずにスルーしてしまったり、同時進行でメッセージのやり取りをしていると結局面倒臭くなってアプリ自体やらなくなってしまったり、すぐにフェードうアウトする癖がつきやすくなります。

僕もかなりの面倒臭がりなせいか、マッチングしてもメッセージを送らずに満足してしまうタイプなので気を付けないといけないかも。

全然マッチングできない時期は1人1人丁寧に挨拶してたのに、いつの間にかやらなくなってしまいました。

ヤリモクや遊び目的に捕まりやすい

ブス写真のメリットの逆で、可愛い子はやっぱりヤリモクとか遊び目的に狙われやすいです。

プロフィールなんてほとんど読まずにイイねを押しているわけですから、イイ感じにやり取りできて実際にご飯に行ったとしても男はホテルに誘うことしか考えていないパターンとかざらにありますよ。

こっちは真剣に交際を考えているのに相手はホテルに誘うことしか考えてないって女性としてはかなりショックだし、時間と金の無駄になってしまいます。

真剣交際を考えるなら顔以外にも趣味とか価値観が重要になりますが、遊びなら顔第一になるので。

マッチングアプリでヤリモク男を見分ける方法!特徴をナンパ師に聞いてみた

会った時に高確率で幻滅される(ガチ)


盛っている写真を見て「あ、この人可愛い!イイねしたろ」と思ってマッチングした男は当然あなたの顔に期待してマッチングしています。

僕もそうなんですけど、共通点は確かに多いほうがそりゃ印象も良くなりますが、メッセージのやり取りなんて男は会うために仕方なくしている人のほうが多いと思います。

取りあえず会って話してみて顔が写真とどのぐらい違うのか、性格は合うかどうかを見ています。

盛った写真の場合は会った時に確実に幻滅されます。待ち合わせ場所に着いて、ドキドキしながら相手を探してみるけど一向に相手の姿は見えない。

仕方なく電話して「今どこにいる?」と聞くと「ちょうど○○駅の改札前です!緑の服着てます。」と言われて探してみても、写真の可愛い女性はどこにも見当たらない。

こんな感じの状況になる男は多い。盛っているとそれだけブスが来た時の破壊力は計り知れません。人によっては相手を見つけたらそのまま帰ってしまうこともあるぐらいだそうです。

2回目のデートに繋がらなくて悩んでいる人は写真を盛り過ぎている可能性が高いです。

ブス写真にしたらそもそもマッチングできないのでは?

安心してください。よっぽど化け物みたいなレベルじゃない限り女性なら基本誰でもマッチングはできます


マッチングアプリ利用者はもともと男の方が多いですし、アプローチを仕掛けるのも基本男からです。

確かにアプリ自体は顔重視だし顔で選んでいることも否めませんが、女性のイイね数なんかを見ているとどんなにブサイクな人でも数十件のイイねがついています。

可愛い女性にイイねが集まるのは確かですが、平均レベルの顔やちょっとブサイクでも性格重視で探している男とか、可愛い子にイイねしても無駄と考えている男からはイイねが来るので問題なし。

明らかにイイねが貰えないようなら写真を変えればいいだけの話なので、そのさじ加減は実際に試してみるのが一番手っ取り早い。

イイねを貰いすぎるとそもそも振り分けるのが大変になってしまうし、ヤリモクが多くなるので僕は女性ならアプリ自体やめてしまいそう。

ちなみにブス写真と言っても実物よりもほんのちょっと劣化しているように見える写真を載せるだけで大丈夫です。

マッチングアプリ上級者の女性からは「意外とブスな写真を使ったほうが(連絡が)くる」と納得。他の女性からも「会ったときにガクン(落ち込む)ってなるよりは、そのまんまで行って『結構かわいいね』ってそのタイプ」との声があがった。

参照元:https://www.excite.co.jp/news/article/Sirabee_20162081264/?p=2

逆に男の場合だと盛らないとそもそもマッチングできません。僕も最初は全然マッチングできなくて、写真を変えまくってちょっと盛られている写真に変更したらようやくマッチングできるようになったぐらいです。悲しい。

男と女ではマッチング率がまるで違うので男は使えないテクニックですが、女性にはかなりおすすめ。

まとめ

MEMO
  • 盛った写真はメリットよりもデメリットのほうが大きい
  • ブス写真はマッチングが少なくなる半面、内面重視で選んでくれる人が多くなる
  • 実際に会った時に確実に好印象になるので女性ならちょっと劣化した写真を載せるべき
  • 明らかにマッチングできなくなるようならやめるべき

だいたいこんな感じです。

マッチングアプリって盛ってる写真ばっかで「どうせこの人も会ったら写真と違うんだろうな」と思うようになりました。

まぁこういう風に思われることもあるんですけどね。

詐欺写真は最初の印象いいけど、会った時に自分の首を絞めるだけなのでまじでやめたほうがいい。

しかもアプリって写真よりも実物のほうが可愛い子なんてほぼいないので、希少価値としても高いんじゃないかと思ってます。

前々から「女性はイイね貰えまくるんだから盛る必要なくないか?」って思っていたので、長期的に考えて写真を設定すべきだと感じます。

待つ意味なし?マッチングアプリで連絡が突然こなくなる原因

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です