男の僕がマッチングアプリですぐ会おうとする男の心理を解説

マッチングアプリは誰でも利用できますし、自宅にいながらできる手軽さや、通常では出会えない異性と出会うことができるという魅力がありますが、利用している全員が婚活や恋活として利用しているわけではありません。

女性なら誰しも一度はマッチングしてすぐに男性から「会おうよ」と言われたことがあると思いますが、正直言って怖いですよね。

それが自分の好みの容姿だったり、どう考えてもハイスペックな人だと断るのももったいないし、かと言ってすぐに会うことに抵抗を感じて悩む部分だと思います。

ということで今回は男の僕がすぐに会おうとしてくる男性の心理について解説していくので参考にしてみてください。

男の本音:メッセージのやり取りは面倒だと感じている

正直なところを言うと男の場合、メッセージのやり取りに関しては面倒だと思っている人がほとんどです。

マッチングアプリの目的って直接会ってご飯に行き、さらにその先には付き合うというのもの。

普通なら会うことに関して「怖い」とか「相性が悪かったら時間とお金の無駄」みたいなネガティブ要素もあるので、メッセージのやり取りをしてみて相手がどんな人物が見極めてから会う約束をするものですが、これって結構女性側が会うのをためらっているからこその場合が多い。

男の場合は会うことに対して怖いという感情はほとんどないですし(不安はありますが)、最初は性格よりも見た目重視でイイねを押す傾向があるので、取りあえず会って話してみて合うかどうか確かめたいと感じています。

ただ、女性はそういう傾向がないので男性はそれに合わせてメッセージのやり取りをします。女性が会ってくれるようになるために安心させるためにメッセージのやり取りを行います。

これが男性の本音です。

もちろん、中には今までさんざん業者やサクラに騙されてそういうのが怖いって人は慎重にメッセージのやり取りをしたいと考えている人もいるでしょうけど、基本的にはメッセージなんて面倒なのですぐにでも会いたいと思っています。

すぐに会おうとすると女性が警戒するのも知っているのでみんな取りあえずメッセージのやり取りで最低限メッセージのやり取りをしているだけです。

マッチングアプリですぐに会おうとする男の心理

女性は会うまでに時間がかかるのをわかっていても中にはすぐに会おうと言ってくる人がいます。中にはただ効率重視で会いたいって考えの人もいますが、普通ならすぐに会おうとはしないので何かしら理由が考えられます。

ヤリモク

一番最初に思いつくのがヤリモクだと思います。マッチングアプリって手軽にできるが故にナンパ師とか既婚者もこっそり利用していて付き合う目的じゃなくてヤリモクで女性をひっかけています。

ヤリモクの場合は付きあうことが目的とならないので、どれだけ効率的に出会えるかが最重要となります。

そのため、メッセージのやり取りという面倒なことをできればすっ飛ばしたいと考えて、早い段階で「ご飯でも行かない?」と誘ってきます。

中身とか全く重視していませんし、簡単に会える相手=ホテルに誘いやすいという思考。

会えさえすれば持ち前の言い回しで口説くことができるので、切られる前にとにかく会う約束を取り付けようとするのが特徴。

マッチングしてすぐに会おうという話になったら疑っていいと思います。

マッチングアプリでヤリモク男を見分ける方法!特徴をナンパ師に聞いてみた

利用期間が切れそうだから

これも男性にありがちな理由です。女性の場合ってマッチングアプリの利用は基本的に無料になっていると思いますが、男だと月額約3,000円前後かかるんですよね。これ意外と知らない人も多いみたいです。

例えば「取りあえず1ヶ月使ってみよう」と思って課金して、月末になってもうすぐ利用期間が切れるって時にマッチングしたら、利用できなくなる前に会おうとするのは当たり前の話です。

男だって「もったいない」って気持ちはありますし、だからと言ってそれを女性に堂々と「ちょっと利用期間切れそうだからLINE交換しない?」みたいに言うことはけち臭いと思われるので言う人は少ない。

実際、僕もOmiaiを1ヶ月間だけ利用した時にタイプの女性とマッチングしてしまってやり取りの最中に半ば無理やり「よかったらLINE交換しませんか?」と言ったことがあります。

利用期限が迫っているせいで焦ってしまいました。連絡は返ってこなくなってしまいましたけどね。

男の場合は利用期間に限りがあるってことを知っておくと「もしかしたら利用期間のせいなのかな?」と思えますし、どうしても気になる場合はツッコんでもいいかもしれませんね。

業者

業者ってほとんどは女性のアカウントを使用していますが、中にはハイスペックな男性のアカウントを使った業者もいます。

大手マッチングアプリにサクラはいませんが、業者は存在します。

業者というのは他の目的(例えば他のアプリに勧誘したり)などアプリとか一切関係ない勧誘なので使っているマッチングアプリが悪いってわけじゃないんですよね。

業者の特徴
  • 容姿が良い(イケメンが多い)
  • ファッションセンスが良い
  • 基本的にハイスペック
  • モテるようならちゃんとしたプロフィール
  • 登録から間もない

だいたいこんな感じの特徴があります。業者なのでもちろんどっかから引っ張ってきた写真ですし、プロフィールも嘘です。

ただ、大手マッチングアプリには【違反報告】という項目がついていて、業者はすぐに違反報告を受けるので登録して間もないというケースが多いです。

僕は今まで何度が女性と偽った業者に引っ掛かったことがありますが、いずれも1週間以内に強制退去させられていました(Omiai)。

サクラゼロのOmiaiを利用したらいきなり業者とマッチングした話

恋人作りに焦りを感じている

例えば「30歳までに恋人を作る」とか「次の誕生日までに恋人を作る」とか何かしら自分の中で目標を決めていて、その期限が迫っているので焦っているような状態です。

焦っていたらだらだらメッセージを続けていても不安は続きますし、いっそのこと手っ取り早く会いたいという気持ちが強いので思い切ってご飯に誘おうとします。

恋人作りならまだしも結婚に対して焦りを感じている人なんかだと顕著に行動に表れるのでわかりやすいかもしれません。

恋人にならない相手に無駄に時間を使うわけにはいきませんからね。まぁこれに関しては男性よりも女性に多いような気もしますが。

メッセージのやり取りで無視され過ぎている

今までマッチングアプリをやっていて、メッセージのやり取りをしていく中で仲良くなってきたと思ったら急に無視された経験があればあるほど、メッセージを続けることに対して不安を感じるようになります。

「ずっとメッセージしていてもいつか切られる」という気持ちになるので「だったらいっそのこと早めに誘っちゃえ」という心理が働くのでしょう。

僕も、今までメッセージで何度も切られているのでこういう風な気持ちになるのはかなりわかります。結局どんなにメッセージで仲良くなっても返信がなくなったらそこで終わりですからね。

そういう恐怖があるので一刻も早く誘おうとしてしまいます。

メッセージのやりとりが苦手だから

これは結構当てはまる人が多いと思いますが、特にマッチングアプリだと知らない人とやり取りするのがかなり大変です。

相手に気を遣いながらちゃんと返信がくるように興味のある話題を提供して、なおかつリアクションも取らないといけないでものすごく疲れます。

特に最初なんて何を質問すればいいかよくわからないので、それが面倒な人にとってはやり取りするよりも会って直接話した方が早いと考えます。

僕もやり取りはあまり得意ではないので正直できるならすぐにでも会いたいタイプです。

マッチングアプリを始めたばかり

ある程度やっていれば「会いたくても取りあえずある程度やり取りしてから誘わないとダメ」という常識が身に付きますが、これは経験しているからこそ得られるものです。

もし全くマッチングアプリをやっておらず、昨日今日で始めたのだとすればその常識すらないので「マッチングアプリは取りあえず誘うもの」と思い込んでいても不思議ではありません。

昔だと出会い系サイトとかが今のマッチングアプリと同義のものだったし、やり取りしてすぐに会う流れが当たり前だったのでマッチングアプリ初心者は戸惑うでしょうね。

始めたばかりだと「今週入会」や「新規」といったマークがつくことが多いので、そこで判断することができます。

すぐに会おうとする男の対処法

少しでも「嫌だな」と思うなら無理に会う必要はありません。ただ、顔がタイプだったり趣味とかめちゃくちゃ合いそうな人だとどうすべきか迷いますよね。

「もう少し仲良くなってから」と断る

会うのが早いと感じるならそのまま率直に言うのが一番です。

まだ相手を全く知らない状態で会うのって本気で交際を考えているのか、それともヤリモクなのかも判断つきませんし、そもそも知らない同士だと会話が弾みにくくなってしまうので、結果的に会っても意味がないことも多いです。

キープしつつ断る方法
  • 「ごめんなさい、まだもうちょっとメッセージで仲良くなってからが良いです」
  • 「さすがに早いですよ(笑)もう少し○○さんのこと知ってからお会いしたいです!」
  • 「今月はちょっと忙しいので来月でもいいですか?」(先延ばしにすることが可能)

もし「会いたい」と言われて不安に感じたら前向きに(明るく)伝えることでフェードアウトもされにくくなります。相手にある程度期待をさせておくのも大事。

NGな断り方は濁すような言い方です。例えば「そうですね~」とか「そのうち行きましょ~」とか。

デート時間をランチにする

懸念すべき点はやっぱりヤリモクです。ヤリモクじゃなければ会ったほうがいいけど遊び目的で誘っているなら時間の無駄だし、何より危険。

ヤリモクはほぼ必ずお酒を飲ませて判断力を鈍らせるのがよくある常套手段となるので、それを避けるために「ランチにしましょう」と言ってみましょう。

もし、相手がヤリモクじゃなくて真剣に交際を考えているのであればランチでも快諾してくれるはずです。

ヤリモクの場合だと「じゃあ別の日にしましょう」となんとかして夜会うことに固執するのが特徴。ランチだとお酒を飲むこともできませんし、人も多く日も出ているのでホテルにはかなり誘いにくい環境です。

これだけでも真剣なのか遊びなのかある程度わかるのでおすすめです。

そのまま無視する

実際僕も何度かやられたことがありますが、すぐに誘ってくる時点で無理だと判断したらそのままスルーしてしまうのも1つの手です。

もちろん相手に興味がなければの話ですが、マッチングアプリの出会いって関係性が薄いので無視したところで私生活に影響はありませんし、その後ストーカーになることもまずあり得ません。(住所を伝えていない場合に限りますが)

しつこく誘ってくるようならアプリの機能を使ってブロックすることもできるので「この人ないな」と思ったら無視でもOKです。

まぁされる側としては結構悲しいですが、返事するのも面倒なら仕方ないと思いますし、無視されたらダメだったことがわかるので常識ある相手なら察してくれます。

無視してしまうとキープはできないので無理だと思う人のみの対応法。

電話してみる

メッセージのやり取りだけだと相手の雰囲気とかがほとんど伝わらないので、会うのが怖いけどちょっと気になる場合には一度電話して相手の雰囲気を確かめてみるのも手。

■例「さすがに早くないですか?取りあえず一度電話してみたいです!!」

チャラい人とか慣れていそうな人なら会話していればわかるでしょうし、話してみて全くタイプじゃないなら会わなければいいだけの話なのでわからないで会うよりも効率的です。

ただ、電話をすると流されやすくなったりしてヤリモクっぽいのにOKしてしまうこともあるので注意してください。

慣れている人は楽しく感じさせるテクニックがあるので逆に会いたいと思ってしまうかもしれません。

下ネタが多い人とか家デートに誘う人は論外と考えておきましょう。

すぐに会うのは危険なの?

正直なところを言うと、十分にメッセージでやり取りを交わしていてもすぐに会ったとしてもリスクってそんな変わらないと思います。

メッセージのやり取りだけなら自分を簡単に偽ることができますし、取りあえず誠実な感じを装っておいて会ったらホテルに誘う人だっていますからね。

極端な話、男は隙があればやりたいと思っているし会うまでの期間よりも会った時にどんな行動を取るかのほうが重要。

やたらボディタッチしてくるとかお酒を飲ませようとしてくる男は軽いのでヤリモクですからね。

もちろんすぐに会おうとする人ほどヤリモクの可能性は高いので、そういう意味ではすぐに会うのは危険かもしれませんが「やり取りは面倒、取りあえず会って話したい」って人ならありだと思います。

アプリの希望欄に「すぐにでも会いたい」と書いている女性に会ったことがあるんですけど、その人はヤリモクに当たったことがないそうです。

利用するアプリによって真面目に恋人を探している人が多かったり、ヤリモクが多かったりするのでアプリ選びさえ間違えなければ大丈夫なのかも。

マッチングアプリでヤリモク男を見分ける方法!特徴をナンパ師に聞いてみた

マッチングしてからどのぐらいで会うべき?

マッチングしてから実際に会うまでの平均はだいたい2週間ほどと言われています。これは食事を打診されてからの期間も含まれるので「会おう」と言われるのがマッチングしてから約1週間ほどが目安。

話が盛り上がっていてすぐに仲良くなっているならまだしも、そんな会話も弾んでないのに1日2日でご飯に誘うのはヤリモクや既婚者の可能性が非常に高くなります。

男側からの意見を言うとすれば最低でも3日ぐらいはやり取りした方がいいでしょうね。マッチングしてすぐとかに誘ってくるなら危険だと思っておいた方がいいかも。

理想は会うまでに1週間~2週間ほどは欲しいですけど、こういうのはタイミングなので危険を感じるならランチにしたり、事前に電話してリスクヘッジすべき。

マッチングアプリでデート直前に電話してくる男の心理とは?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です