マッチングアプリでの既婚者の見抜き方!特徴について詳しく調べてみた

マッチングアプリは普段出会えない人と出会えますし、家でも手軽にできることや、昔と違って年齢確認等もしっかり行っている上に大手企業が運営していることもあって割とクリーンなイメージがついています。

ただそうは言ってもマッチングアプリは既婚者を排除するシステムがなく、そもそも既婚者であることを隠して遊び目的で利用している人が一定数いるのは事実です。

Twitterでもちょくちょく「既婚者だった」という話を見かけますし、真剣に交際相手を探している人にとっては時間の無駄になるので、既婚者なんかとマッチングしたくはないでしょうね。

ということで今回は男の僕がマッチングアプリで既婚者を見抜く方法についてかなり入念に調べてみたので、ご紹介していきます!

既婚者がマッチングアプリを使うのは規約違反?

本サービスは、18歳以上(高校生は除く)の方で、かつ、独身(現在離婚している方も含む)である方のみが利用可能なサービスです。

参照:with利用規約

18歳以上(高校生は除きます)で、かつ独身(離婚している場合も含みます)でなければ、当サービスの会員登録や当サービス、ウェブサイトの利用ができません。

参照:Omiai利用規約

18歳以上(高校生は除く)で、交際相手がいない方、独身の方(現在離婚している方も含む)のみが利用可能なサービスです。

参照:pairs利用規約

大手のマッチングアプリの利用規約を調べてみたところ、たいていの場合は利用条件、資格の欄には「独身の方」という条件がありました。つまり、既婚者が利用しているということは立派な規約違反ということです。

規約違反が見つかった場合、通報があった場合はその人のアカウントが削除される措置が取られることが大半ですが、そもそも独身なのか既婚者なのかって利用した時点でバレることがないのが現状です。

だからこそこうして規約違反にも拘わらずマッチングアプリに平然と既婚者がいるというわけです。

システム的に既婚者を見抜く方法は大手マッチングアプリにはないので、利用者側が独自に判断していくしか現状はできません。

中には独身証明書の提示を求めるアプリもあるみたいですが、そうなると年齢層が高かったり不便な点も多いみたい。

既婚者に当たった場合はたいていアプリの「通報する」ボタンより通報することができます。

既婚者の特徴・見抜き方

はっきりと顔を確認できない顔写真

マッチングアプリをやっていて「顔をちゃんと確認できない人はNG(既婚者が多いため)」というようなことをプロフィールに書いている女性がいました。

既婚者は身バレを最も恐れています。やっていてバレる可能性ってのは正直低いと思いますが、もし妻の友達や自分の友達にマッチングアプリをやっていることがバレてしまえばそれだけで離婚の危機になるかもしれません。

そう考えるとマッチングアプリに自分の顔写真を載せるのはかなりリスクのある行為です。だから既婚者の場合は自分とあまりわからない写真(横顔、下を向いているなど)を載せるようにしています。

もちろん、既婚者でもリスクを一切考えないで普通に顔写真を載せている人もいるそうですが、顔がわかりにくい場合は疑うべきです。

例え既婚者じゃなくても会った時に理想と違うってなることも多いので顔がわかりにくい人と会うのはおすすめしません。

もし顔写真がないならメッセージの段階で「写真見せてください!」とか「顔写真交換しましょ!」と言うだけで相手は狼狽します。

30代以上なのに実家暮らし・シェアハウスなど一人暮らしじゃない


20代までなら職場が実家から通える距離だったり、収入もそれほど多くないため家賃がもったいなくて実家暮らしの人も多いと思いますが、30代を超えてくると9割以上の人はほぼ一人暮らしをしていると思います。

プロフィール欄に「実家暮らし」とか「シェアハウス」などと書いている場合は本当は既婚者で家族がいるため家に呼べないという場合が多いそうです。

一人暮らしと書いてしまうと仲良くなった時に「今度家行っていい?」と言われたら非常に断るのが大変ですからね。

土日の連絡頻度が低い・会えない

これも家庭がある都合上、平日はともかくとして、休日(土日)は極端にメッセージの頻度が少なくなったり、会う約束をしたとしても決して土日には会おうとしてくれないのが既婚者の特徴です。

家庭を持っていたらたいてい休日は家族と過ごすのでスマホを触り続けるとみられてしまうリスクがあるので、そう簡単に返信することができません。

まぁ奥さんがいる前で堂々と返信する強者もいるのであくまで傾向ですが、土日に明らかに返信が減るようなら既婚者と疑って良いと思います。

ちなみに既婚者の場合は平日昼間は意外と返信率が高くて、夜になると家に帰るので返信率が低くなるそうです。

独身なら逆ですからね。

すぐに会いたがる

マッチングアプリをやっている目的が付き合うことじゃなくて遊び(ヤリモク)なので自分の好みの女性だったら誰でもいいわけです。

慎重にメッセージをやって仲良くなるよりも手っ取り早く会える人を探しているため、マッチングしてすぐに「LINE教えて」と言ってきたり「とりあえず会おうよ」と言ってきます。

まぁこれは既婚者じゃなくて普通にヤリモクの場合にも当てはまることなので、どっちにしてもすぐに連絡先交換はしないほうが良いでしょうね。

マッチングアプリってナンパ師ですら使っているツールで遊び目的の人も多いので注意が必要です。

マッチングアプリでヤリモク男を見分ける方法!特徴をナンパ師に聞いてみた

会った時に既婚者を見抜く方法

左手の薬指を見てみる

結婚して指輪をはめている既婚者ですが、会っている間はかならず外しているはずです。はめっぱなしにするほど馬鹿な人はいないでしょう。

ただ、指輪ってずっとはめていると必ず後が残ります。特に会う直前に指輪を外している場合はそのあとがまだくっきりと残るため、左手の薬指を見るだけでその人が既婚者なのかどうかがわかります。

まぁ最近は結婚しているのに指輪ははめていないって人もいるそうなので確実な方法ではないかもしれませんが、割と高い確率で見破ることが可能。ちょっと見るだけでいいので。

一緒に写真を撮ろうとしてみる

既婚者は証拠が残ることを嫌います。特に写真は記録として残ってしまうので会った時に「一緒に写真撮りましょう」と言って拒否してくるようなら既婚者の可能性大。

普通に写真が嫌いな人だったとしても初対面の女性をぞんざいに扱う人なんてほぼいないので、普通は応じてくれるはずです。

頑なに拒むようなら既婚者だからその証拠を残されたくないと考えて良いでしょう。

次のデートで相手の家に行きたいと言ってみる

既婚者では絶対に不可能なのが家デートです。普通は最初の段階で「実家暮らし」とか「会社の寮に住んでて」という言い訳を用意していると思いますが、もし一人暮らしで通しているなら「家行ってみたい」と言うだけで一発でわかります。

普通なら家に女性が来るなんてそんな美味しい話はないですから、よほど印象が悪くない限りはOKしてくるはずです。

逆に何かしら理由をつけて家にあげることを拒むようなら既婚者を疑ってもいいと思います。よくあるのが「部屋今散らかってるからなー」とか「寮だからあげられないんだよね」とかね。

休みの日何しているか聞いてみる

結婚している場合、たいてい休日は家族と一緒に過ごしていることが多くなります。「お休みの日は何してますか?」と聞かれて既婚者が本当のことを答えるはずもないので嘘をつくことになり、嘘をつくときはたいていしどろもどろになりがち。

「んー、まぁ映画みたり家にいること多いかな」みたいなありきたりな過ごし方を苦し紛れに言うのが席の山なので、そこですかさず「○○さんって最寄り駅どこなんですか?」とか「部屋何畳なんですか?」とか部屋について詳しく聞いてみましょう。

一人暮らしと家族と住んでいるのでは間取りは全然違いますからね。答えづらいはずです。

スマホの待ち受けをチェックする

既婚者でなおかつすでに子供がいる場合は高確率で子供の写真を待ち受けにしています。自分の子供って可愛いし、周りに自慢したい、辛い時に癒されたいという気持ちが待ち受けにする理由です。

用心深い人なら会う時にスマホの待ち受けまで変えるかもしれませんが、たいていの人なら「スマホは別にみられないだろう」という安易な気持ちでそのままにしているケースがほとんどです。

スマホを見る方法としては「学生の時の写真見せてよ」とか「アプリの男性画面ってどんな感じなの?」という風にスマホを触らせる口実を作るのが手っ取り早いです。

ロック解除する時に隠すことも多いので確実に見れる方法ってわけじゃないけど、うっかり覗いてしまった感を出すといいかも。

相手が頑なに隠すようなら「○○君の待ち受けってどんな写真なの?」と直球に聞いてみてもいいかもしれません。例えば「待ち受けで心理テストできるんだよ♪」とかそんな感じで聞くのもあり。

過去の恋愛に関しての回答が曖昧

現在既婚者の場合は恋愛に関して質問された時にうまく答えることができません。

質問例
  • 彼女と別れたのっていつ頃?
  • なんで別れちゃったの?
  • 何歳までに結婚したいとかある?
  • 浮気されたことある?

取り繕おうとすればいくらでも嘘をつくことはできますが、もし既婚者の場合は別れた時期や別れた原因についてパッと答えることができなくなります。

嘘をつくかもっと昔の彼女の記憶を引っ張り出すしかなくなりますからね。また、現在不倫をしようとしている相手に対して浮気とか貞操観念に関する質問は非常に答えずらいもの。

未然に既婚者と会うのを防ぐ方法

会う前に手の写真を送ってもらう

Twitterで見つけた既婚者の見分け方でちょっと面白かったので紹介。


手を見るのは会う時って先入観がありましたが、LINE等で手の写真を送ってもらって既婚者かどうか見抜くというもの。

まぁ指輪の跡は少し経つとなくなってしまいますし、写真は簡単に加工できてしまえるのでちょっと甘い見抜き方かもしれませんが、既婚者だったら確実に嫌がる方法でしょうね。拒否するようなら確実にクロ。

疑わしい場合は独身証明書を出してもらう


確実に独身かどうかを確かめたいなら独身証明書を見せてもらうというのも1つの手です。会う人会う人に証明書を出させるわけにもいかないので「この人ほんとに独身なのかな?」と感じる相手のみにしたほうが良さそうです。

男からするとちょっとめんどくさい女だな、って思ってしまうと思いますがマッチングアプリってほんと既婚者も普通にやっているのでこれぐらいやってもありなのかなとも思います。

夜に電話してみる

個人的にはこれが手軽かつ確実に独身かどうか見抜ける方法だと思います。既婚者の場合は夜はたいてい家族と一緒にいると思うのでその時間を狙って電話をしてみましょう。

絶対に電話に出てくれないようならかなり怪しいです。既婚者が夜に電話を取れるのなんて出張で家にいない時ぐらいですからね。

もっと確実に確かめたいなら夜にテレビ電話してみるとよりわかりやすいです。相手が家にいるかどうかもちゃんと確認できますし、一人暮らしの部屋なのかどうかもわかります。

休日にデートを持ち掛ける

既婚者の場合は土日にデートしてくれることってほとんどないので「土日じゃないと厳しい」と最初に言っておくといいかもしれません。

もちろん既婚者でも「友達と遊びに行く」と言えば普通に遊びにいくことなんてできてしまうので、その先を読んでランチにしておくのも手。

既婚者の目的は彼女を作ることじゃなくてホテルに誘うことです。要はヤリモクなのでその状態にならないようにすればいいだけの話です。

ヤリモクだったらランチはかなり嫌いますし、その時点で諦めるかもしれません。

既婚者を避けたいならアプリよりも婚活パーティーがおすすめ

僕はアプリも婚活パーティーもどちらも利用していましたが、やっぱり手軽にできてしまうマッチングアプリよりも男性の参加料金が高い婚活パーティーの方が真剣で既婚者は少ないです。

もちろん婚活パーティーにもしれっと既婚者なのに参加している人もいますが、アプリに比べたら圧倒的に少ないです。

婚活パーティーって男性は平気で6,000円ぐらいしますし、遊びで参加する人が少ないのでヤリモク男も同時に避けることができます。

問題点としては容姿レベルがアプリよりも劣ることですが、性格重視で探しているならありかなーと思います。

女性の料金は1,000円未満がほとんどなので試しにどんな感じなのか一度参加してみることをおすすめします。

ちなみに婚活パーティーの中ではParty・Partyというサイトが群を抜いて評判が良いのでおすすめです。僕は今まで20回以上参加しています。

Party・Party公式ページへ

参考になれば幸いです。

マッチングアプリでヤリモク男を見分ける方法!特徴をナンパ師に聞いてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です