マッチングアプリでLINE交換後に連絡がこなくなる6つの原因と続けるコツ

マッチングアプリでマッチングして、メッセージのやり取りをコツコツと続けてようやく相手と仲良くなってきた段階になるとご飯に誘ったり、LINEを交換することもあると思います。

ただ、LINE交換できたからと言って必ずしもうまくいくとは限りません。いきなり連絡がこなくなることもありますし、急に連絡頻度が減ることもあります。

僕自身、過去にLINE交換までしたのに結局ご飯に行くことすらできずに既読無視されたことがあるので、今回はどうしたらうまく続けられるのか、なぜ連絡がこなくなるのかを解説していきます!

LINE交換後に連絡がこなくなる原因

交換して一通もこないのはID検索できないとか、忘れている可能性が高いですがやり取りしている途中で来なくなるのは相手を冷めさせてしまったことが原因です。

もちろん返信しない理由は1つではないので、連絡がこなくなる原因を6つほどご紹介します。

1.話すネタが尽きてしまうから

一番可能性の高い原因はこれ。

メッセージのやり取りの段階で相手の趣味や共通点に触れたりして仲良くなるのは正攻法ですが、LINEを交換した後って結構ネタが尽きやすいんですよね。

「よかったらLINE交換しませんか?」と投げかけてLINE交換できたとしたら、それまで続けていた話題に関してはリセットされてしまいます。

「○○です!よろしくお願いします」みたいな感じで最初のLINEを送ったらまた違う話題を話す必要が出てきてしまいます。

アプリだと情報が少ないので、そんなポンポン新しい話題なんて見つかりませんし、なおかつそれが相手の興味のあることじゃないといけないので猶更大変です。

苦し紛れに何か質問したとしても、それが相手の興味のないことだったらすぐに話題はなくなってしまい、最終的にネタが尽きる状態になるので相手も「なんかあんまり楽しくないし、返信するのも大変だな」と感じて既読無視に繋がります。

先のことを考えるとメッセージの段階から質問したいこととかはちょっと温めておいて、他の話題について深掘りして仲良くなっておくのも大切です。ほんとにメッセージのやり取りが楽しい人って1つの話題に対してかなり深掘りしているような気がします。

2.食事に誘っていないから

通常だとLINE交換するよりもまず先に食事に誘うのが一般的です。

僕の場合だと仲良くなってきたと感じたらLINEを聞いてしまうこともありますが、だからといってメッセージのやり取りを同じような感じでLINEを続けていると「この人の目的は何?」となります。

■例「LINE交換ありがとうございます!よかったら今度ご飯行きませんか?」

LINE交換が大丈夫な時点でご飯にいける可能性はかなり高いので、誘っていない場合は早めにご飯の約束を取り付けてしまったほうがいいです。

ご飯に誘わずにただただLINEを続けていると飽きられるので注意。

もちろんすでに誘っているって人はこれに該当しないのでスルーしてください。他に原因が考えられます。

3.相手のタブーに触れた

過去に僕がやってしまったこともあることで、相手に合わないと感じさせてしまって食事の約束まで取り付けたのに結局最終的に既読無視されてしまいました。

相手にとって何がNGワードかはわかりませんが、例えば今までさんざんヤリモクに出会って嫌気がさしている人に対して下ネタを言えばそれだけで「この人もヤリモクかも」と思われて無視されるでしょう。

他にも「引っ張ってってくれる人が好き」って言っているのに、相手を気遣うあまりお店選びでなよなよしているところを見せてしまったり、自分の意見を言わない、なんていうのもスルーされる原因となります。

完全に見極めるのは難しいですがなるべく相手のプロフィール、自己紹介文は良く見ておいた方がいいかも。知らず知らずのうちにタブーに触れることを防いでくれます。

4.ちょうど理想の相手と巡り合えたから後回しになっている

タイミングが悪いとせっかくLINE交換をしてもすぐに連絡はこなくなってしまいます。

アプリなんて同時進行でしている人がほとんどなので、ちょうど他の異性とその人がご飯に行ってその相手のことを「イイな」と感じていたらLINE交換していようが優先順位は下がって、後回しになってしまいます。

これに関してはこちらで打つ手がありませんし、反省するとすれば「もっと早めにご飯に誘う」ことぐらいしかありませんが、常にライバルがいるってことは意識しておくべきかも。

自分が消極的なせいで先を越されて既読無視、なんてパターンはよくあるので。

5.忙しくなったから

タイミングの問題ですが、LINE交換後にちょうど相手の仕事が忙しくなっていたり遊びの予定が入っていて返信ができないような事情があったら、そのままスルーされる可能性があります。

最初は返そうとする意志がありますが、用事が終わっていざ返信するタイミングになると「もう時間も経っちゃったしいいか」となって既読無視。

実際僕もしたことがありますし、アプリの出会いだと仕方ない部分ですね。関係性が薄いので縁が切れてもまた探せばいいって気持ちになってしまうのがアプリの悪いところ。

6.長期間(24時間以上)返信しなかったから

これは僕がよく婚活パーティーに参加していた時にやってしまった失敗の1つなんですが、LINEのやり取りをしていて返信しにくい内容だったり、ちょっとこちらが忙しかったりして返信できないでいると、その間に相手のモチベーションがなくなって、急いで返信したころには興味をなくしていて、既読無視されることがあります。

感覚で言うとだいたい1日以上空けるのは危険。これまでやり取りを続けていてせっかく築いてきた関係が簡単に壊れることになるのでなるべく返せる時には返信すべき。

たまに「あえて返信遅くする」みたいなテクニックを紹介しているブログを見かけますが、アプリや婚活パーティーのような関係が薄い相手に対しては逆効果になる可能性が高いので注意しましょう。

食いつきがよくなるどころか相手のやる気をなくさせる原因になる。

LINEのやり取りを続けるためのコツ

やり取りを続けるコツはいかに相手に”返信したい”と思わせるかです。「返信するの面倒だな」と思われたら終わりなので、相手に飽きられないような工夫が必要。

返信スピードを相手に合わせる

定番のテクニックですが、僕が以前デートした時に「LINE苦手じゃないよね?」みたいな話をしていたら相手は「○○君とは返信スピードも同じぐらいだし、相性いいと思うよ」と言われました。

相手に合わせるのって結構簡単で、相手と同じぐらい時間をあけて返信するようにしてみてください。1時間程度で返信するならこちらも1時間あけてから返信する、みたいな感じ。

さらに相性が良いと思わせるためには時間帯も考えた方がいいです。

例えば相手は昼間全然返信してくれないけど夜22:00以降になると返信スピードがあがる、みたいな感じなら自分もなるべくそれに合わせて返信スピードを調節します。

こうすることで自分が思っている以上に「この人とは相性良いな」と思ってくれるのでおすすめです。

こっちが早すぎると相手は負担に感じますし、逆に遅すぎると話が進まなくて飽きられるので注意してください。

文量は相手に合わせる

これも定番のテクニックの1つですが、やり取りの基本なのでやっておくべきです。

甘いものばっか食べてます!明日からちゃんと野菜も食べます!(笑)

あみ

普段は小食な方ですよ!

あみ

るう

えらい!そしたらご褒美にスイーツをプレゼントします!笑

るう

イメージ通りです!甘いものは別腹ですか?

相手が短文で数通に分けて返信してくるようならこちらも同じように短文で数通返すようにしますし、少し長文ならこちらも長文で返信するようにします。

長文過ぎると良くない、みたいなブログを拝見したことがありますが実践上は相手と同じぐらいの文量であればそれほど問題ないと感じました。

長文過ぎると返信するのにいちいち考えないといけないので相手の負担が大きくなるそうですが、もともと長文の人はそれに慣れているのでそこまで考える必要はない。

まぁ長文過ぎる人ってどんどん文章量が多くなっていく傾向があるので、ある程度はこちらで調節してあげる必要はあるんですけどね。

問題は短文の人。こちらがせっかく質問したり話題を広げても短文でしか返信してくれないと正直萎えますが、悪気があるわけでもなく、それがその人にとっての当たり前になっているので悲観的になる必要なし。

短文を意識しつつ、質問を繰り返して返信してもらえるように意識しましょう。

相手の興味がありそうな話題を振る

メッセージのやり取りでもそうですが、もちろんLINE交換後も常に相手が返信したくなるような話題を提供しておくのが大切です。結局会ったこともない相手となると、興味が薄れるのも早いので「面倒だな」と思われたそれで終了です。

僕の場合はちょくちょくアプリで相手のページに飛んでプロフィールや自己紹介文、写真などをチェックするようにしています(忘れてしまうので)。

で、自分も話せそうな話題を見つけたらその話題を振るという感じで繰り返しています。

■例「そういえば○○さんって旅行好きなんですよね!最近どこいきましたか?」

結構話題ってすぐになくなってしまうので、できる限り深掘りした方がいいですが、やりすぎるとまた返信したくないやり取りになってくるので注意。スルメだって噛めば噛むほど味はでますけど、ずっと噛み続けていると味がなくなるのと同じ。

マッチングアプリでの最初のメッセージで使える25の例文と質問内容

メッセージの話題について詳しくまとめてみたので参考にしてみてください。

これで困らない!婚活相手とのLINEのやり取りで使える会話ネタ

名前を呼ぶようにする

人は自分の名前を呼ばれれば呼ばれるほどその人に親近感を抱く傾向があります。心理学用語でネームコーリング効果ってものなんですが、ほんとそのままですね。

アプリの出会いはもともとの関係性がゼロな上に会ったこともない人とやり取りを行うので、いくら話が盛り上がっていたとしても正直どうでもいい相手ぐらいのレベル感です。

少しでも親近感を抱かせるためには色々とやる必要があり、その人がやり取りの中で相手の名前を入れる方法。

「○○さんって甘いもの好きなんですね!」みたいな感じで、ちょくちょく相手の名前を入れるだけっていう簡単な方法です。

もちろんこの方法は直接会った時の方が効果が高いのでLINEのやり取りぐらいじゃあんまり効果を感じないかもしれませんが、やる価値はあります。

LINEする頻度を少し減らす

これはネタが尽きるのを防止するための策です。

さすがにまだ会ったこともない相手となるといくら頑張ってやり取りしていてもそのうち会話のネタが尽きて当たり障りのない内容になってきてしまいます。

僕の場合はそれを防ぐためにあえてLINEの頻度を少し抑えるようにしています。

目安としては1日3~4往復ぐらい。少なすぎても「もう切ってもいいや」と思われるし、多すぎても「返信するの苦痛だ。やめようかな」と思われるのでバランスが必要ですが、即返信はあまりしないほうがいい。

相手に「返信まだかなー?」と考えさせる時間を作らせるイメージ。

なるべく早く食事に誘う

すでに食事に誘った後にLINE交換しているという人なら問題ありませんが、取りあえずLINEの交換だけしてただただやり取りしているのは結構危ないです。

先ほども言ったようにLINE交換=食事OKのサインなのでやり取りは二の次。取りあえずデートに誘ってから何気ない会話はするように。

少なくとも話のネタが尽きる前には約束を取り付けるようにしてください。

せっかくLINE交換までたどりついたのにそれで既読無視されるのは非常にもったいないですからね。

デートに誘った後のやり取りが辛いなら一度連絡を絶つのも手

取りあえず食事に誘ったはいいが、その後やり取りが続かなかったり、ネタがない場合はいっそのこと連絡を絶ってしまうのも手です。

本来であれば、まだまだ相手との距離が遠いのでやり取りしておいた方がデートをドタキャンされる可能性も低くなるのでいいんですけど、ネタがないのに無理に会話を続けようとすると確実に相手は飽きてしまいます。

だったらいっそのこと連絡を切って、約束日に近くなったらまた連絡するという方法がおすすめ。

■例「じゃあ27日の19時に新宿でお願います!また近くなったら連絡しますね!」

ポイントとしては相手に言わせるんじゃなくて、こちらから「また連絡する」と言うこと。恋愛に関しては常に主導権を握っていた方が有利になるので相手に言われる前に言うのが大切。

約束の数日前になったらまたこちらから連絡してみてください。何気ない日常のネタが思いついたら連絡するのもあり。振り回すイメージ。

相手が行くかどうか迷ってしまっている可能性があるので、デート直前は「○○さんと会えるの楽しみ!」とか「緊張して寝れなそう(笑)」とか”相手に期待をしている”ことがわかるLINEをするのが効果的です。

これで相手の心理は「行くかどうか迷ってたけど落胆させたくないからなぁ」と罪悪感を抱くようになるため、ドタキャンしにくくなります。

電話すればドタキャン率は下がる

せっかくLINE交換しているならアプリではできないことをするのも効果的です。

どんなにやり取りをしていても相手がどういう人なのか、どんな雰囲気でどんな声なのか、どんなテンションなのかって実際に会ってみるまでわからないのでやっぱり不安です。

それに会ったこともない人ってやっぱり思い入れもゼロだし、関係性がないのでモチベーションは長く続きません。

そこでおすすめなのが電話。

■例「今日の夜とかちょっと時間ある?よかったら電話しませんか?」

さすがに最初の電話は急にするよりも、一度相手に確認を取ったほうがいいです。びっくりして電話に出ないことになるので、そのまま気まずくなって関係が終わる可能性もありますからね。

電話をすることで自分の雰囲気を相手に伝えられることができますし、文字だけのやり取りよりもずっと距離が縮まるので正直できるなら電話はめちゃくちゃおすすめです。

電話の内容はなんでも構いません。

電話の理由
  • 「どんな人なのかちょっと話してみたくて」
  • 「○○さんと話してみたくなって」
  • 「○○さんは相性良さそうだから話したくなって」

「ドタキャンされたくなくて」とか「会うべきかどうか確かめたくて」みたいなことは言わないように。

電話をするってなると必ず相手は緊張します。人見知りしない人でも初対面の相手と会話するって少なからず緊張するものですからね。

ドキドキ感が相手のモチベーションを高めてくれます。一度電話することで関係性は強くなりますし、モチベーションが保たれるのでドタキャンされる可能性も低くなります。

デメリットとしては「思っていた人と全然違くて会う気なくした」というパターンもあるってことぐらいですが、これに関しては直接会った時点でも同じ風に思われて結局最終的にブロックされるので気にするレベルじゃないと思います。

やり取りが盛り下がってきて、既読無視されそうな時に試してみてください。

待つ意味なし?マッチングアプリで連絡が突然こなくなる原因

まとめ

どんなにモテる人でも100%相手とLINEを続けることなんてできないですし、急に相手の気が変わったりすることもあるのである程度は割り切ることも大切です。

1人だけと連絡を取っているとショックも大きいし効率も悪いので基本的には同時進行でやり取りするのが無難です。

マッチングアプリは同時進行当たり前状態なので、相手も同時進行している前提で考えた方がいいです。

LINE交換まで出来ているなら取りあえずデートに誘うのが何よりも先決です。

参考までに。

マッチングアプリでいざデートに誘ったら無視されるのはなぜ?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です