初デートでいきなり告白してくる7つの男性心理と対処法

告白するタイミングって人によって違うと思いますが、だいたい3回目のデートで告白するのが一般的と言われています。

婚活をしていてもそうですし、普通に職場や学校等で出会った関係でもそのぐらいのデート回数でお互いのことをだんだん知って、会話のテンポ感、価値観を確認して一緒にいたいと思ったら告白という流れになると思います。

ただ、たまに初デートにもかかわらずいきなり告白する人もいるようで僕の友人もまさにこのタイプ。

ということで今回は女性に向けて男性目線で初デートでいきなり告白してくる男の心理について解説していきたいと思います!僕自身理解できる部分も多いので参考になれば幸いです。

初デートでいきなり告白してくる7つの男性の心理

1.タイプだったから(主に容姿)

この場合のタイプというのは性格とかよりも「見た目」で好きになってしまったというケースがほとんどです。


まだ知り合って間もないなら明らかに容姿から入っていますし、初デートで告白する=見た目が完全にストライスだからという理由。

特に婚活をしていると最初の時点で恋愛対象としてありかなしかでカテゴリー分けしてしまうため、男にとってはデートを重ねる意味ってそんなにないんですよね。

僕も見た目重視の人間なので、出会った時点で付き合いたいかどうかで判断しています。初デートでちゃんと会話してみて楽しいと思えたらその人に好きになってもらえるようにデートを重ねます。

普通なら相手に好かれるために、親密になるためにデートを重ねますが初デートで告白するってことは自分の気持ちだけを考えていて相手が好意を寄せているかどうかまでは考えていないのでしょう。

僕も本当なら初デートで告白したいところですが、そこで告白したところでOKが貰える確率は低いのでLINEのやり取りをちまちましたり、デートを重ねています。

逆に会話の相性はばっちりでも容姿が自分の好みではない場合はいきなり告白しようとはあまり考えません。「この人と本当に付き合っていいのか」と考えてしまうため。

2.時間をかけて他の人に取られたくないから

時間をかけるということはそれだけ相手と親密になれる可能性も高くなりますが、一方でその人が他の異性に取られてしまう可能性も高くなります。


時間をかければかけるだけリスクもあるので、それを考えると取りあえず自分の気持ちを伝えておこうと考えるのも理解できます。

実際僕も婚活じゃないけどデートした相手のことを好きになって、そこから告白せずにLINEのやり取りで次のデートを取り付けようとしたらいつの間にか他の人と付き合ってしまっていたという失敗をしています。

「ならあの時直接告白しておけばよかった」という後悔は今でもちょっとあります。そういう後悔をしたくない人はとりあえず自分の気持ちだけは伝えておこうと考えるのかも。

3.気持ちが爆発してしまった

もともとは初デートで告白するつもりはなかったけど、実際にデートしてみて本気で「この人と付き合いたい」という気持ちが爆発して勢いで告白してしまったというパターン。

デートしてかなり話も合うし、食事だけで解散するつもりが2軒目に行ったり、そこからカラオケとかボーリングなど遊びに行くことになったりして思った以上に仲良くなれていたら初デートで告白してしまうのもありかも、と考えてしまうかもしれません。

初デートで告白するのは慣れている人のイメージがありますが、みんなタイプだったらすぐにでも付き合いたいと思っているのが本音だと思いますよ。

でもそれだとフラれるのは目に見えているからわざわざ何度もデートを重ねてから告白しようとするわけです。

真面目だからこそ気持ちを最初から伝えてくる人も中にはちゃんといるようです。少数派だとは思いますが。

4.好意を感じたから

告白するなら最も成功率が高いタイミングでしたいものですが、もし初デートの時点であなたから好意を感じ取れたら「あれ、これいけるかも」と思って告白してしまうこともあり得ます。

  • ボディタッチを頻繁にされた
  • 手をつなぐことに成功した
  • ホテルまで行けてしまった
  • 話している身体的距離が近い

これももともと告白する気はなかったけどかなりボディタッチされたり「タイプかも」とか言われたら男としては告白しなきゃと考えますからね。

5.意識させるために告白した

相手に恋愛対象としてちゃんと意識をしてもらうため、好意を持ってもらうための戦略として最初にわざと好意を伝えるというテクニックがあります。

僕の場合は学生時代に好きになった女の子に対して、友達としてしか見られていなかったので一度フラれるのがわかった上で告白したことがあります。

こうすることで少なからず男として見てもらうことができますし、好意の返報性によっていずれ自分のことを好きになってもらうことができると考えていました。

実際告白して一度フラれたおかげでそのあとなんだかんだで相手から告白して貰えましたし、作戦としてはうまくいきました。

6.数打ち当たれ精神

1人に対して告白するためにデートを重ねて時間とお金をかけるのは確かに非効率的な部分はあります。

とにかく彼女が欲しい人にとってはそんな時間をかけている余裕も付き合えないのにお金を使うのももったいないと感じているので、初デートで告白しようと考える男もいます。

ちょっとでも良いなと思えたら取りあえず告白してみるという精神。

付き合うことが目標になってしまっていて、焦っている心理状態。

まぁこれだけならまだしも「彼女は何人いてもいいじゃん」って考えのクズ男も中にはいるので注意してください。

婚活で同時進行はすべきなの?聞かれたらどう答えるのが正解?

7.体目当て


婚活でよくあるのがこれ。いきなりホテルに誘ったところで拒否される確率は高いですが、もし仮に好意を持っていて付き合った状態なら「付き合っている」という言い訳ができますし、そのための口実作りで告白する人も一定数います。

初デートの告白なんてフラれるのが当たり前ですし、告白する男もそれはわかっています。

ただ、女性側は断ってしまったという罪悪感を少なからず抱くことになるのでホテルにも誘いやすくなりますし、本気で付き合いたいと思わせることで遊びじゃないと感じさせることもできます。

もしホテルに行ってしまったら仮に告白を承諾していたとしてもノーカンにされて音信不通になってしまう可能性も高いです。

マッチングアプリとか手軽に使えるツールの出会いはこういう体目的の人も多いのでほんと注意してください。

初デートで告白された時の対処法

もし好きならそのまま付き合ってしまうのも1つの手ですが、普通はデート1回したぐらいじゃお互いのことはよくわかりませんし、付き合っても「なんか違う」と思って嫌になる可能性もそれだけ高くなってしまいます。

初デートで告白された時に取りあえず付き合わずにキープする方法についてご紹介していきます。

手順1:どこを好きになったのか聞いてみる

告白されたらそれが本気なのか冗談なのかを確かめます。ただ好意を伝えるため、体目当てって可能性も普通に考えられるので「私のどこをそんなに好きになってくれたの?まだ会ったばかりじゃん」と言ってみてください。

本当に好きになってくれているならちゃんと答えられるはずです。変にはぐらかせたり的外れな答え方をするなら冗談で言っているか体目当てで言っているだけです。

まぁナンパ師のような上手い人ならこういう状況でも的確に答えることはできてしまうんでしょうけどね。

手順2:保留にしてその場で答えを出さない

好意を持ってくれていたとしても初デートでいきなり付き合ってしまうのはリスクの方が圧倒的に高いのでよほど好きじゃない限りはその場で答えをださないようにしましょう。

付き合うのもそうですが、その場で断ってしまうと諦めてしまって次のデートに繋がらない可能性も出てきてしまいます。

多少期待させてつつキープするなら「まだ会ったばかりでわからないから」「よく考えさせてほしい」と保留にして答えを出さないようにしましょう。

手順3:もっと知りたいことを伝える

保留にしたままにしてしまうと相手に不安を与えることになります。何がダメなのか、まだ付き合えないのか理由ははっきりとさせておいてあげた方がいいです。

困った時に使えるのが「まだよく知らないからもっと知りたい」と伝えること。相手の見た目、中身を否定せずに保留にできる都合の良い言葉なので初デートで告白されるようならこう答えるのがベストです。

これで取りあえず保留にしつつ見極める時間を作ることができます。デートを重ねてみて合わないと思ったら断ればいいだけですし、それで好きになれたら答えを出して付き合うこともできます。

手順4:絶対にホテルには行かずに解散する

告白してその流れでホテルに誘う男は高確率でただのヤリモクです。

相手が本気で告白してきていたとしても、自分がその男に好意を持っていたとしてもその日にホテルに行くのはNG。

以前、マッチングアプリで出会った女性が「初デートで告白してホテルまで行ったけど、終わった瞬間にフラれた」と言っていました。

例え相手が好意を持っていて告白したとしても、すぐに体を許すと用済みになりやすい。簡単に手に入る女性ほどフラれるのも早い。

体目当ての男の見分け方

本気で体目当て、遊びだけの場合は告白しないことが多いので告白してきた時点ある程度可能性は低くなりますが、ホテルに誘う口実として言っているだけの人ももちろんいます。

完璧に見分けるのは難しいですがある程度の特徴があるのでまとめてみました。

体目的男の特徴
  • ボディタッチがやたらと多い
  • とにかく押せ押せで意見を押し通そうとする
  • お酒を飲ませてくる(酔わせようとする)
  • 下ネタが多い
  • ホテルに誘ってくる
  • やたらと褒めてくる
  • 初デートで家に誘ってくる/家に行きたがる

あくまで傾向ですが、体目当の場合は嫌われたところでどうでも良いと思っているので大胆な行動が増えるようです。

告白されたらそのまま受け入れずに一度保留にすることで体目当ての人も回避することが可能。

こういうタイプは時間をかけて落とそうとは思ってないため、本気じゃないならすぐに諦めて次の異性を探しにいくはずです。

まとめ:初デートで告白されたら保留がベスト

初デートでいきなり告白してくる男性心理は色々とあり、見極めるのも難しいですが失敗したくないのであればその場ですぐに答えを出さずに一度保留にするのがベストです。

告白されたけどまだ好きかわからない時の返事は保留がベスト?

実際体目当てで告白してくる男もいますし、一目惚れをして完全にタイプだから押せ押せで告白してくる男性もいますが、よく相手のことを知らない限りはあんまり勢いで付き合っても失敗してしまいます。

知り合って時間が経っている間柄ならともかく婚活とか合コンとか友達の紹介とかでまだ知り合って間もないなら保留して様子を見るようにすべきだと思います。

保留にしてもう一度デートしてみて「あ、この人と相性良いな!」と感じられるようなら付き合えば良いだけです。

参考になれば幸いです。

婚活初デートでいきなり告白するのはあり?告白された女性に聞いてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です