告白されたけどまだ好きかわからない時の返事は保留がベスト?

一目惚れをしてすぐに告白してしまう人もいると思いますが、たいていはお互いの性格だったり価値観を知ってから何度かデートをして告白するのが一般的です。

ただ、こういう告白って告白される側(特に女性)は自分のタイミングで付き合えるわけではないため思っている以上に告白のタイミングが早かったり、まだ相手のことを知らないけど興味はあると返答に困ってしまいますよね。

こういう興味があるけどまだ好きかはわからない微妙な状態の時に告白されたらどうするのが最も適切なのか考察してみましたので参考にしていただければと思います!

告白された時に取れる返事は3つのみ

完全に告白をスルーするハイレベルな人もいますが、基本的に告白された側が取れる対応は3つしかありません。

丁寧に断る

告白された時点で、自分の気持ちがその人と付き合いたいと思っていない場合はいっそのこと断ってしまうのが賢明です。

もちろんまだ好きかどうかわからないなら、これから知っていく上で好きになっていく可能性ももちろんあるとは思いますが、それは知り合ったばかりの人に限られます。

結構何度かデートしていてそれでも好きかどうかわからない場合はこれからも好きになっていく可能性は低いので、その人と仮に付き合っても時間の無駄になってしまうと考えるべきです。

それに、仮に付き合ってみて全く好きにならなかった場合ってむしろ一緒にいることに対してストレスを感じてしまいますし、別れを告げるのも相当な労力なので、だったら付き合わない方がいいよねという判断です。

付き合ってしまってから自分の目の前に理想の相手が現れたら困ることになりますよ。

取りあえず付き合ってみる

相手に興味を持っている、もしくはもう好きになりかけている状態だったら取りあえず付き合ってみるのもありです。

僕の友達にもデートしてみて正直顔はタイプじゃなくてその時点ではそこまで好きじゃなかったけど、付き合ってみたらちゃんと好きになれたという人もいます。

このパターンは知り合ってまだ間もない、例えば婚活していて初デートとか2回目で告白されたしまったようなケースだと思い切って付き合ってしまうのもありかな、と思います。

僕も以前は付き合うまでに相手のことを色々知ってからという慎重派タイプでしたが、付き合ってからお互いのことを知るというスタンスの人もいますし、付き合ったことで好きになることもあると思います。

最低限「この人とキスしたいな」と思えるぐらいの好き度は必要だと思いますよ。

もう少し考えたいから保留にする

好きかどうか完全にわからない状態、もっと相手のことを知っておから付き合うかどうかをゆっくりと考えたい場合は保留にすることも可能です。

保留にすることでいわば交際を先延ばしにすることができます。ただ、保留にしてしまうと相手の気持ちが冷めて結局付き合えなくなって後悔ってこともあり得るのでその点は注意してください。

また、保留って対処をするといずれ答えを出さなければなりませんし、相手に待ってもらっている、期待させているような状態になるので負担も大きいです。

保留にするってリスクがないようにも思えますが、意外と精神的にはお互い結構ストレスがかかる選択なんですよね。

ちなみに僕の友人は保留にされたことが3回あるそうですが、いずれも結局3か月未満で相手から「やっぱり好きじゃないから別れたい」と言われたそうです。

迷ったら”その人が他の異性と付き合って嫉妬しないか”を考えてみよう

僕がいつも付き合うべきか、あるいは告白するかどうかで悩んだときはいつもその人が他の異性と付き合ってしまった場合、あるいはほかの人と好きになってしまった場合自分が嫉妬するかどうかを想像するようにしています。

全く嫉妬しない、むしろその人には単純に幸せになってほしいという気持ちしかないならそれは友達止まりの感情レベルなので付き合っても好きになる可能性は低いです。

もちろん付き合ってから好きになるってケースも考えられなくはないんですけど「これ好きかな?どうかな?」程度だとその気持ちがずっと続いてだんだん付き合っていること自体が嫌になってくることが多いような気がします。

逆に他の人に取られたくないと思っている場合は少なからず相手に対して恋愛感情を抱いている状態となりますし、もし実際そうなったら後悔する可能性が高くなるので付き合っておいた方がいいというのが結論です。

体験談:好きじゃないのに付き合った話

僕は今まで付き合った人数の約半数は好きじゃないのに断り切れなくて付き合っています。特に学生の頃なんてよっぽど生理的に無理じゃない限りはOKしてしまっていました。

結論から言うと、告白された時点で好きだと思ってないのに付き合うのは時間の無駄だし相手をさらに傷つけるだけなのでやめたほうがいい。

例えば大学生の時に付き合ったAさんの場合、告白されて付き合ったものの一緒にいても「楽しい」という感情は最初だけで、時間が経つほどにAさんに対して嫌悪感を抱くようになってしまいました。

「手を繋ぐのがなんか嫌」とか「触れられるのが嫌だな」と思うようになってしまい、だんだん会う日数も減ってしまいました。

今思えば付き合ったことに対してテンションがあがっただけで、Aさんに対して好きということではなかったんだと思います。

結果、自分が別れを切り出す前に相手から「別れたい」とフラれました。完全に無意味な交際です。

そのうち好きになるかなー、という楽観的な見方で付き合う人も多いとは思いますが、自分の感情が本当に好きなのか”ただ恋人が欲しいだけ”なのかを判断すべきだと思います。

取りあえず保留にするのも1つの手

個人的な意見としては現状で好きかどうかがわからない状態で、まだ付き合うの早いと思っているならいったん保留にするのが一番無難かな、と思います。

自分が相手に対して好きでも嫌いでもないような状態で付き合ってしまうのも相手に悪いですし、逆に断ってしまった後で相手のことが好きになったりすると、とてつもなく後悔が大きくなるので気持ちが固まっていない間はままり軽々しく判断すると痛い目を見るかも。

付き合うこと自体を重くとらえ過ぎないことも時には重要なので、僕が取るとしたら「付き合う」か「保留」かの2択です。

保留する理由は自分が好きか一度よく考えるため。告白されて少し時間が経ったら好きになることもあるので気持ちを確かめるまで待ってもらう。

保留してしまうと相手に期待されてしまうので傷つけてしまう覚悟はしてください。

保留にする上での注意点

保留する上での問題点はやっぱり「他の人のところへ行ってしまう」ことや「冷めてしまう」という部分。また、保留にしているならいつかは自分の気持ちを伝えなければならないので気持ちを固めておく必要があります。

今までのようになんとなくLINEのやり取りをしてデートしてってやり方だと現状の先延ばしに過ぎないので目的は持つべき。

期間を相手に提示しておく

保留にしておくと本気で好きとかゾッコン状態ならいいですが、待たせ過ぎるとそれが精神的につらなくなって相手の気持ち的にどこかのタイミングで諦めてしまいます。気持ちを切り替えられたらもう遅いです。

ちなみに僕は婚活していてこのパターンで何度フェードアウトされたことかってぐらい失敗しています。

保留にするなら相手に「○○日まで返事する」と明確な期間を伝えておいた方が待ってくれる可能性は高くなります。

それがないと相手にとってみれば「先延ばしにしてもて遊んでいるだけかな?」と不安になってしまうので注意。

保留するにしてもだいたい1ヶ月ぐらいが目安。それでも気持ちが固まらない場合はたぶんめちゃくちゃ好きになることはないと思った方がいいかもしれません。

保留期間ばのばせばのばすほどNOだった時に相手はショックを受けます。

ちなみに僕はタイプの子に告白したら「まだわからない。好きになるまで半年ぐらいかかるかも」と保留にされたことがあります。結局色々頑張ったら1ヶ月で好きになってもらえたのでよかったですが、本当に半年とかだったらさすがに諦めていたと思います。

期間を提示してあまりにも長すぎるのはやめた方がいい。

こちらから積極的に連絡を取ってみる

繋ぎ留めておくという目的もありますが、どちらかというと自分の気持ちを試すためです。

仮に自分から積極的に連絡してみたり、デートに誘ってみたりして気持ち的に変化があらわれるのかを客観視してみます。

もし、こういう行動に対してストレスを感じてしまったり、なんか会っても楽しくないと思うようなら付き合わない方が賢明です。

逆に積極的に行動してみた結果、もっと会いたいとか話したいと思うようになる場合もあるので、そうなれば相手にこちらから気持ちを伝えればいいだけ。

同じ状態でいても結局気持ちって固まりにくいので今までちょっと違う行動、恋人だったらするような行動を取ってみて自分の気持ちを確かめてみてください。

他の人と話している様子を観察する

相手をもっとよく知りたいなら相手のことを聞くことも確かに重要ですが、結局相手はこちらのことを好きな状態で接しているわけなので少なからず繕って接しています。

もっと相手のことをよく知りたいなら友達との会話を見てみたり、それが難しいようなら店員さんへの接し方なんかを確認するだけでも本来の性格の一端を垣間見ることができます。

そりゃ誰だって好きな人には優しく接しますからね。第三者にどう接するのかを見るのは意外と重要。

付き合ってみないとわからないこともある

結局自分のタイプとか色々理想はありますし、相手のことはわからないから保留にするのも考えとしては間違いではありませんが、付き合ってみたいないとどんな人なのかわからないことも多いので期間を延ばしたからといって必ずしも気持ちが固まるとは思わない方がいいと思います。

一定期間色々試してみてそれでも何とも思わないようなら付き合わない、他の異性と仲良くしてたら嫉妬するとか話していて居心地がいいとかなら付き合ってみるのもありです。

本当に無理だったら付き合ってからでも別れればいいだけ(これが面倒ですが)なので、重くとらえ過ぎないことも必要なのかもしれません。

正解がないだけに難しい選択かもしれませんが、参考になれば幸いです。

婚活で知り合った異性と友達になるための4つの方法

恋愛感情がまったくないようなら友達になる方向にもっていくのもありだと思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です