デート後にお礼メールがこないのは脈なし?お礼メールを送らせる方法

デート後は「今日はありがとう!楽しかった」と言ったようにお礼メールのやり取りをするのが普通です。

それがこないとよほどデートが楽しくなったか、送り忘れているだけなのか、忙しいのか色々と不安になりますよね。僕の場合は今までにお礼メールを送らなかったことはありませんし、相手から返信がこなかったこともありませんが、デート後のお礼メールは一種の指標だと考えています。

そこで今回はデート後にお礼メールがこない理由についてまとめてみました!

常識があればお礼メールを送るのが当たり前

お礼メールというのはある種の礼儀みたいなもので、デートした後は緊張から解放されたり安心感、楽しかった後の名残惜しさなどから割とすぐに送る人が多いと思います。

例えそのデートがつまらなかったとしても、その相手に興味を失ったとしてもお礼メールを送るのは当たり前です。挨拶みたいなもんですからね。

それがないということはよほどのことがあったと考えるべきです。

もちろん、普段スマホを触らない人にとってはデート後すぐにお礼メールを送らない人もいるので30分こないからと言って不安になる必要なんて全くないわけですが、あまりにも長い間連絡がこないならあえて送っていないということも考えられます。

お礼メールを送らない理由についていくつか考えてみました。

お礼メールを送ってこない理由

相手から連絡を待っているから

こちらが相手からの連絡を待っているように相手も同じく連絡を待っている可能性は高いでしょう。

すでにこちらからお礼メールを送っているのなら当てはまりませんが、連絡が来るかどうかでどのぐらい本気なのかを確かめたいというのが本音です。

また、一度「連絡が来るまで待とう」と思ってしまうと自分からお礼メールをするのってちょっと躊躇ってしまうので、こちらから送ってあげない限り連絡が来る可能性は低いです。

相手がかなり好意を持っていれば別ですが、まだ初デートしたばかりとかの相手の出方を見ている段階だとお礼メールがこなかったらきっぱりと諦めてしまうので注意。

疲れていて送るのを忘れてしまっている

例えば夜に解散して、電車に乗り家についたタイミングでお礼メールを送る人も多いですが、ここからお風呂に入ったり、残っている仕事を終わらせたり寝るまで忙しいと疲れてしまってそのまま寝落ちするケースもあります。

また、寝落ちしなくても文章を考えること自体がかなり気を遣う部分なので、それがちょっと面倒になって後回ししてしまっているケースも考えられます。

この場合は、たいてい次の日の朝や仕事終わりの夜までには連絡が来ることが多いです。

かなり失礼な態度を取って不機嫌になっている

通常ならもし脈なしの相手だったとしても一応礼儀としてお礼メールは送ります。それがないということはデート中に相手の癇に障るような発言、行動をしてしまった可能性が高くなります。

イライラしていたらお礼メールなんて送る気にもなれませんし、礼儀とかどうでもよくなってしまいますからね。

これに当てはまる場合はデート中にどこかのタイミングで明らかに相手の様子が変わっているので、ちゃんと観察している人ならわかるはずです。

急に喋らなくなったり、笑顔が減ったり、スマホを弄りだしたり「急に予定が入った」とか言って帰ってしまった場合はこの可能性が高い。

例えば「いきなり手を繋ごうとした」とか「相手の見た目をけなした」とか、こういう言動はアウト。

付き合う前の初デートで手をつなぐ最適なタイミングや条件とは?

たまたまうまくいく場合もありますが、初デートだとリスクが高すぎる。

デート後に予定があったから

例えばお昼ご飯を食べるだけのデートだったとしたら、そのあとに予定を入れていても不思議ではありません。

友達と会っていたり、はたまた別の婚活相手とデート予定だったり予定と言っても色々ありますが、誰かと会っているとスマホを触るタイミングってなかなかないですから、お礼メールを送れないのは仕方ありません。

この場合はたいてい夜にはメールが来るはずですが、返信がこない場合は他の婚活相手と会っていて気持ちがそっちに行ってしまったという可能性も考えられます。

イイ人が見つかると、もう片方はどうでもよくなってしまいますからね。

恋愛経験がなさ過ぎてお礼メールを送ることを知らない

可能性としてかなり低いですが、今まで付き合った人もおらず、デートしたこともほとんどない人にとって見ればお礼メールを送るという常識的な行為さえ知らない場合もあります。

「さっき会ったばかりなのに連絡を取るのは変かな」と思ってしまって、連絡できないというのが相手の本音でしょう。

この場合、こちらから連絡を取ればもちろんすぐに返信が来るはずですが、こういう人は「自分がした行為で嫌われないか」という不安を常に抱いている自信のない人が多い。

確かに僕もお礼メールが常識なんて考えはいつの間にか身に付いたものですし、婚活とかある程度の距離感があるからこそお礼の連絡ってするものですからね。

あえて送らないことで気を惹こうとしている

お礼メールは恋活、婚活をしていれば常識なのでもし相手からお礼メールがこなかったら不安を感じますよね。

あえてお礼メールを送らないことによって相手を不安にさせて気を惹こうとしている可能性もあります。


いわゆる恋愛上の駆け引きってやつですね。さすがに僕はやったことがありませんがLINEのやり取りでちょっと送信時間を遅らせてみたりしたことはあるので、その延長線上なのでしょう。

気を惹きたいという理由の場合はずっとそのまま無視されていることはありません。それをやれば嫌われたり諦めてしまうってことは馬鹿でもわかるので1日以内に普通なら返信があります。

一切連絡が来ない場合は気を惹きたいわけじゃなくて「もう連絡を取りたくない」ということです。

デートは明らかに盛り上がったのにお礼メールがこない理由

普通はデート中の相手のテンションとか行動でなんとなく脈ありなのか、それとも自分に興味がないかはわかるものですが、以前僕が婚活パーティーでカップリングしてカフェで話をしてめちゃくちゃ盛り上がったにもかかわらずその後フェードアウトされてしまいました。

お礼メールは来たものの、僕が送ってから6時間ぐらい経っていて違和感を抱いたのを今でも覚えています。

この女性にフェードアウトされた理由を考察してみました。

フェードアウトされた理由の考察
  • 話を合わせて盛り上がったふりをしていた
  • 話自体は楽しいけど顔がタイプじゃなかったから
  • 話している時にちょっとした違和感(価値観の違い)を感じてしまったから

LINE返信の遅さから考えるに「他に好きな人が出来た」というよりも「デートの時点で脈なしと判断された」ような気がします。

他に好きな人ができた場合、最初はLINE返信は早いはずですからね。

カップリングは一応したし、話をしてみて楽しかったけど別にタイプの容姿でもなくて好きになれなそうだったからフェードアウトしたのだと思います。

お礼メールがこなかった時の対処法

こちらからお礼メールを送ってみる

まだこちらから連絡を取っていない場合は、下手に待つよりも「今日はありがとうございました!とても楽しかったです。また遊びましょう」というような内容を送るべき。

確かにお礼メールの返信内容、返信時間等である程度相手の真意を図ることもできますが、相手から連絡がこない場合はそのまま待っていたとしても連絡がこない可能性が高くなります。

時間が経ってしまうと相手も「もういいや」と見切りを付けてしまうケースもあるので、自分から積極的にアプローチしていくべきです。

1日程度は様子を見る

こちらから連絡を取ってみてもなお、返信がこない場合は取りあえず1日程度は様子を見るべきです。

スマホを普段から触らなくて気付いていないだけってこともあり得ますし、忙しくて単純に返信する時間がないだけかもしれないので、24時間以内ならそこまで焦る必要もないでしょう。

ここで焦って追撃LINEとか送ってしまうと相手がLINEを読んだときにしつこい印象を抱かせてしまう可能性もあるので気を付けてください。間違っても「ねぇ、返信してよ」なんて送らないように。

1日以上返信がこない場合は脈なしと判断すべきです。

お礼メールを送らせる具体的な2つの方法

お礼メールが常識って言っても人によっては送らないのが普通だったり、いつまで来なかったら脈なし判断すればいいのかとか不確定要素が多すぎるので、簡単に脈なしかどうか判断できて、自然とお礼メールを送らせる方法をご紹介します。

帰り際に「家着いたら連絡して」と言う

体裁としては「ちゃんと家帰れるか心配だから家に着いたら連絡が欲しい」という意味です。

例えば夜居酒屋でお酒を飲んで解散する時なんかにこれを言っておけば高確率で相手から連絡がきます。

お酒を飲んでいるから心配しているというフリができますし、同時に相手から連絡させることが自然にできるのでおすすめの方法。

もちろん、これは夜とかじゃなくても心配性なフリをして一言「家着いたら連絡してねー」と軽く言うだけでも自然です。

もしこれで相手からいつまで連絡がこないようなら脈なしだと判断してください。脈ありなら99%連絡は来るはずです。

デート中に写真を撮っておく

初デートだとあんまり写真を撮る機会はないかもしれないので2回目以降のデートで使える方法。

例えば花見とかでもいいですし、綺麗な景色を見るデートとかなんでもいいんですけど相手のスマホで写真を撮るような流れを作ります。自分のスマホで撮ってしまうとこちらから連絡する必要がでてくるので相手のスマホで撮るように誘導しましょう。

そしてデートが終わる時に「あとで写真送って!」と言うだけでOK。自然な流れで相手に連絡をさせることができますし、写真を送るついでに今日のお礼メールが来るようになります。

写真送り忘れすることもありますが、これを言ってもお礼メールすら来ないようだったら脈なしと考えてください。

連絡が遅い場合は脈なしの可能性が高い

婚活を今まで約1年間していて、マッチングアプリや婚活パーティ―などで出会った人とさんざんデートしてきましたが、今までの経験上お礼メールが遅い人、もしくは来ない人はほぼ100%脈なし状態でした。

基本的にはこちらがお礼メールをすれば必ず返信がきましたし、そのままスルーされたことはありません。

ただ、返信が明らかに遅い人(次の日とか2日後とか)の人はすでにこちらに興味を無くしていて結局音信不通になってしまいました。

逆に脈ありでデートを何度もしてくれた人に関しては基本的にその日のうち、早い人はデート後30分以内には「今日はありがとう」という連絡をくれました。

お礼メールが来ない=脈なしというのは安易かもしれませんが、普通好意を持っていたらすぐに連絡しますし、遅くなったとしても最低限連絡はするはずです。

それがないということはそれぐらいの興味しかないってことになるので、ここから挽回するのは難しいのが現実です。

まぁ正直な話、お礼メールすら送らないって非常識ですし、人として問題があると言わざるを得ないので仮にうまくいったとしても相手の性格に悩まされることになるとポジティブに捉えるべきだと思います。

婚活初デートでわかる15の脈ありサインと5つの脈なしサイン

ちなみに好意を持っている場合は必ずいくつかのサインが出ているはずなので、それを判断基準にしてみてください。

参考までに。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です