婚活パーティ―やマッチングアプリでのデートの誘い方

デートに誘うという最終的な目的は同じでもすぐに誘うのと時間をかけて誘うのでは相手の受け取り方は全然違います。

婚活をしていると「デートに誘いたいけどなかなか勇気がでない」とか誘うタイミングを考える人も多いですが、実際普通の出会いに比べると婚活はまだラクなほうです。

もちろん婚活といっても色んな方法があり、それによって誘い方も変わってくるので今回は僕が実際に利用したマッチングアプリ、婚活パーティ―で出会った人に対してのデートの誘い方について解説していきます!

デートに誘うタイミングについて

誘うタイミングについては人によって違いますが、簡単に言えば相手がこちらに興味を抱いてくれている状態がベストです。

いきなり誘って断られてしまうのはまだ興味を持ってくれていない、もしくは全く信用してくれていないのが原因です。

婚活は恋愛が大前提となっているので普通の出会いよりも数段デートには誘いやすいですが、やり方やタイミングをミスると簡単にフェードアウトされてしまうのが難しいところです。

マッチングアプリの出会いと婚活パーティ―での出会いでも全然誘うタイミングは違うので注意してください。

婚活パーティ―の場合

婚活パーティ―でカップリング、もしくは連絡先交換した相手に対しては余計なことはせずにすぐに誘うのが成功のコツです。

というのも、婚活パーティ―だと一度顔を合わせて直接話した間柄となるので連絡先交換をした=異性としてありと認識しているということになります。

もちろんまだ好きってレベルにはないでしょうけど、少なくとも興味を持ってくれている状態なのでパーティ―後に誘うのもありですし、翌日にLINEで「話す時間短かったしとりあえずご飯いきませんか?」と誘うのが自然です。

婚活パーティ―の出会いは時間をかければかけるほど失敗しやすくなります。

例えば出会ってから2週間経って誘ったとしても、たいていは返信がこなかったり、すでにフェードアウトされているような状況になっている可能性が高いです。

時間をかけることで相手には「この人全然誘ってこないけどなんでLINEしてくるのかな?もういいや」って気持ちにさせてしまいます。

関係が発展しないことに時間を割いている暇はないってこと。

マッチングアプリの場合

マッチングアプリの場合は大前提として会うまで直接顔を見たり、話すことができないのが特徴。

基本的に相手の顔写真やプロフィールを見て相手の性格とか身なりを想像するしかないので、正直言って完全に赤の他人状態です。

例えばマッチングしていきなり「やり取りするのも時間かかるし、取りあえずご飯でも行きませんか?」と誘ったとしても相手は不信感を抱いてしまうため、ほぼ間違いなく返信は来ません。

これは興味を抱くという以前に信用がゼロだからです。誘われる女性側にとっては相手が男ということもあって「もしかしてヤリモクなんじゃないか」という疑念を常に抱いていますし、遊び目的っぽい軽いノリで来られると引いてしまいます。

マッチングアプリの出会いなら少なくても1週間~2週間はやり取りを交わすべきです。

だいたい1週間~2週間もやり取りを続けると相手のキャラだったり性格も少しはわかってくるのである程度安心感を抱くようになり、誘いに乗ってくれるようになります。

もちろんマッチングアプリも時間をかけすぎるとフェードアウトされる可能性は高いので注意してください。

婚活パーティ―よりもアプリのほうが難易度高めです。薄くてもいいので関係性を築くようにするのが大事。

具体的なデートの誘い方

正直言って婚活の出会いとなるとそれほどあまり誘い方にこだわらなくてもタイミングさえ掴めていればOKをもらうことはできます。

ただ、どうやって誘えばいいか全くわからないと2回目、3回目のデートでちょっと困るのでいくつか具体的な誘い方についてご紹介していきます。これは僕も実際に使っていた誘い方の例。

シンプルに誘う

色々回りくどいやり方をするよりもシンプルに誘ってしまった方が無駄に悩まずに済みますし、ある程度の仲になっていれば断られることはまずあり得ません。

シンプルに誘うやり方は初デートの時によく使います。初デートって遊びに誘う必要はなく、ただ食事に誘うだけって場合が多いので、ある程度LINEのやり取りをしたら「よかったらご飯行きませんか?」とストレートに誘ってみましょう。

タイミングさえ掴んでいれば断られることはありません。

相手の好きなことをエサにする

相手のプロフィールや自己紹介文を見て好きなことを探って、それをエサにしてデートに誘うのも効果的なやり方です。

例えば相手がチーズ好きなら「○○にチーズの美味しいお店があるんですけど、今後行きませんか?」と誘えますし、もちろん食事以外にも猫が好きなら「猫カフェ行きませんか?」とかどんな誘い方でもできます。

シンプルに食事だけで誘うってのは目的が「話すこと」だけになりますが、こうやって相手の好きなもの、好きなことをエサにすると「話すこと」+「自分の好きなこと」ができるので相手に一石二鳥感を抱かせることができます。

自分が好きなことならやっぱりテンションあがりますし、その配慮も嬉しいもの。行く言い訳にもなりますし、自然。

興味のありそうな話題を振って誘う

これも好きなことをエサに誘う応用です。

例えばプロフィールに「楽しいことが好き」とか「色んな体験をしたい」みたいなことが書いてあったらメッセージのやり取りで「○○さんって脱出ゲームとか行ったことありますか?」と話題を振ってみて、「ない」と言われたらその流れで「よかったら今度一緒に行きませんか?」と誘う。

興味がありそうなことならなんでもいいので映画好きなら「○○って映画観ました?」→「みてない」→「今度行きませんか?」とつなげることができます。

やり取りしていて何かに関心を示した時に、それ関係でデートに誘えないか、誘える場所はないかを考えてみましょう。

こうすることでかなり自然に誘うことができます。普通はどちらかというと婚活じゃなくて普段の出会いとか使うことが多いですが、婚活にも十分役立てることができます。

初デートよりも2回目~3回目以降の誘いで自然に遊びに誘いたい時はこんな感じで誘うとかなり自然です。

誘った後も連絡は取るようにすべし

デートをOKしてもらえるともうやり取りの役目は終えたと感じて、デート直前まで連絡を取らない人も多いですが、正直相手がやり取り嫌いじゃない限りは連絡を取っておくべきです。

デートまで連絡を取っておかないでいるとだんだん相手のモチベーションが下がってしまうため、直前になってドタキャンされる率が高くなります。

婚活ってもともとの関係性がほぼゼロの状態なので、普通にドタキャン、フェードアウトは当たり前です。それを防ぐにはより仲良くなる必要がありますし、お互いのことをもっと知って関係性を築くべき。

デートに対するテンションをあげさせる意味でも、ドタキャン防止としてもやり取りはなるべく続けておきましょう。

まとめ

MEMO
  • マッチングアプリ:警戒心が解けてきたら誘う(だいたい1週間~2週間)
  • 婚活パーティ―:連絡先交換したらすぐに誘う(早い方が成功率高い)

マッチングアプリは警戒心の強い人が多く、焦らずに時間をかけてやり取りして相手と仲良くなるべきです。

少なくとも相手がこちらに対して質問してこないうちは絶対にデートに誘ったりはしないほうがいいです。徐々にうちとけてお互いのことを話す関係になった時に「よかったらご飯いきましょう」と誘うのが自然。

初デートはシンプルかつストレートに誘って問題ありません。もちろんやり取りの中で自然と相手の好きものを見つけて、それをエサにして誘うと断られにくくなりますがちょっと面倒なのでやらなくても可。

婚活初デートでいきなり告白するのはあり?告白された女性に聞いてみた

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です